つかこうへい『ストリッパー物語』をポツドール三浦大輔が鋭い感性で演出

つかこうへい作の舞台『ストリッパー物語』が、構成・演出にポツドール主宰の三浦大輔を迎え、7月10日から東京・池袋の東京芸術劇場で上演される。

『ストリッパー物語』は、盛りを過ぎたストリッパーの明美と、彼女のヒモであるシゲを中心に、運命に翻弄される人々の人間模様を描いた作品。キャストには、リリー・フランキー、渡辺真起子、渋川清彦、安藤聖、古澤裕介、新田めぐみ、米村亮太朗、門脇麦、そしてでんでんが名を連ねている。なお、東京公演を皮切りに宮城、九州、滋賀での上演が予定されている。

同公演は東京芸術劇場の新シリーズ「Roots」の第1作目として上演。同シリーズでは、現代演劇界で活躍している若手演出家の解釈と演出によって1960、70年代の戯曲が持つ普遍的な魅力を新たに紹介するという。


イベント情報

『ストリッパー物語』

作:つかこうへい
構成・演出:三浦大輔
出演:
リリー・フランキー
渡辺真起子
渋川清彦
安藤聖
古澤裕介
新田めぐみ
米村亮太朗
門脇麦
でんでん

東京公演
2013年7月10日(水)~7月28日(日)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト

宮城公演
2013年7月31日(水)
会場:宮城県 えずこホール(仙南芸術文化センター) 大ホール

九州公演
2013年8月3日(土)、8月4日(日)
会場:福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

滋賀公演
2013年8月10日(土) 、8月11日(日)
会場:滋賀県 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール

(画像上:つかこうへい ©斉藤一男事務所、画像中:三浦大輔、画像下:リリー・フランキー ©HIROSHI NOMURA)

  • HOME
  • Stage
  • つかこうへい『ストリッパー物語』をポツドール三浦大輔が鋭い感性で演出

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて