鈴木惣一朗と直枝政広の新ユニットSoggy Cheerios、アルバム『1959』に細野ら参加

鈴木惣一朗(World Standard)と直枝政広(カーネーション)による新ユニット「Soggy Cheerios」が、7月17日にアルバム『1959』をリリースする。

同ユニットにとって初音源となる『1959』には、共に1959年生まれである鈴木と直枝が交互にメインボーカルを担当した全11曲を収録。アルバムのラストには、1963年公開の映画『喜劇 とんかつ一代』の主題歌“とんかつの唄”のカバーが収められており、同楽曲のボーカルには細野晴臣と鈴木慶一を招いている。また、伊賀航、藤原マヒト、松本従子(ノアルイズ・マーロン・タイツ)、山本哲也もゲストとして参加している。

作品情報

Soggy Cheerios
『1959』(CD)

2013年7月17日発売
価格:2,730円(税込)
P-VINE RECORDS / PCD-26054

1. ロックンロールが空から降ってきた日
2. 明日も
3. かぜよふけ うみよなけ
4. 知らない町
5. 百八つの窓
6. きみがいない
7. 19時59分
8. ずっとずっと
9. ぼくはイノシシ
10. 曇天 夕闇 フェリー
11. とんかつの唄

amazonで購入する

(画像:Soggy Cheerios)

  • HOME
  • Music
  • 鈴木惣一朗と直枝政広の新ユニットSoggy Cheerios、アルバム『1959』に細野ら参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて