松居大悟監督×クリープハイプの青春群像映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

松居大悟監督とクリープハイプがタッグを組んだ映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』が、10月26日から東京・渋谷のユーロスペースほかで公開される。

同作は、劇団ゴジゲンの主宰であり、映画『アフロ田中』『男子高校生の日常』といった映画作品も手掛けている松居監督が、4人組クリープハイプの尾崎世界観(Vo,Gt)の原案をもとにした音楽映画。これまでに発表されてきた松居監督、尾崎原案によるクリープハイプのPV“イノチミジカシコイセヨオトメ”“あたしの窓”“おやすみ泣き声、さよなら歌姫”に加えて、“傷つける”のPVを新たに組み込んだ青春群像劇になっている。

同作のあらすじは、以前の恋人が忘れられない風俗嬢、大好きなバンドのライブ当日に残業させられているOL、一途な想いを抱くオタク青年、トレーラーハウスで生活する青年と家出少女といった登場人物たちが交差していくというもの。キャストには池松壮亮、黒川芽以、山田真歩、大東駿介、安藤聖、尾上寛之ら若手俳優陣のほか、クリープハイプも名を連ねている。

作品情報

『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

2013年10月26日(土)から11月15日(金)までユーロスペースでレイトショーほか全国順次公開
監督・脚本:松居大悟
原案:尾崎世界観(クリープハイプ)
音楽:クリープハイプ
出演:
池松壮亮
黒川芽以
山田真歩
大東駿介
安藤聖
尾上寛之
クリープハイプ
配給:SPOTED PRODUCTIONS

(画像:『自分の事ばかりで情けなくなるよ』ポスタービジュアル)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松居大悟監督×クリープハイプの青春群像映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて