ピート・タウンゼントが幼少期から栄光と苦悩、制作秘話や事件真相まで綴る大作自伝

ピート・タウンゼント(The Who / Gt)の半生を綴った自伝『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』が、8月26日に刊行された。

1945年にイギリス・ロンドンで生まれ、1964年に結成されたThe Whoのリードギタリスト兼メインソングライターとしてロック史に大きな軌跡を残したピート・タウンゼント。

執筆に15年以上を費やしたという同書では、この世を去ったThe Whoの元メンバーたちへの想いや、ミック・ジャガーやジミ・ヘンドリックスらとの交流、『ロックオペラ「トミー」』『四重人格』など当時革新的だった作品群の制作秘話をはじめ、両親や幼少期の思い出、ロックスターとしての栄光と苦悩、アルコール中毒の苦しみ、2003年に児童ポルノ法で逮捕された事件の真相、さらに近年の活動まで、2段組464ページという読み応えのあるボリュームで綴られている。また、16ページにわたるカラーページではタウンゼンドの歴史を振り返る写真も掲載されている。

書籍情報

『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』

2013年8月26日発売
著者:ピート・タウンゼンド
翻訳:森田義信
価格:3,990円(税込)
発行:河出書房新社

amazonで購入する

(画像:『ピート・タウンゼンド自伝 フー・アイ・アム』表紙)

  • HOME
  • Book
  • ピート・タウンゼントが幼少期から栄光と苦悩、制作秘話や事件真相まで綴る大作自伝

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて