ニュース

ユーモラスな物語で社会問題扱う『フランシス・アリス展』、都現美で2期開催

メキシコ在住のアーティスト、フランシス・アリスの展覧会『フランシス・アリス展』が、4月6日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

1959年生まれのフランシス・アリスは、メキシコをはじめとしてペルーやイスラエル、ジブラルタル海峡など、その土地の社会状況の寓意に満ちた作品を制作。「朝から晩まで街なかで巨大な氷を溶けるまで押し続ける」「竜巻の中へカメラ片手に繰り返し突入する」「拳銃を手にもって繁華街を歩いて警察に捕まる」 といった単純明快なシナリオで、ユーモアを交えながら社会問題を扱っている。

同展では2期にわたってアリス作品の全貌を紹介。6月9日まで行われる第1期では、メキシコで行った約15のプロジェクトについて、映像を中心に写真や絵画、彫刻を通して振り返ることでこれまでの表現活動を辿る。6月29日からの第2期では、ジブラルタル海峡で行った大規模な新作プロジェクト『川に着く前に橋を渡るな』 に焦点をあて、記録映像や絵画、ドローイング、インスタレーション、彫刻、写真など約140点が発表される。


CINRA.NETでは、『フランシス・アリス展』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年4月17日)

イベント情報

『フランシス・アリス展』

『第1期:MEXICO SURVEY メキシコ編』
2013年4月6日(土)~6月9日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室B2F
料金:一般1,100円 大学生・65歳以上800円 中高生600円
※小学生以下無料

『第2期:GIBRALTAR FOCUS ジブラルタル海峡編』
2013年6月29日(土)~9月8日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室3F
料金:一般1,100円 大学生・65歳以上800円 中高生600円
※小学生以下無料
※第1期のチケット持参で割引あり

 

(画像上から:フランシス・アリス『トルネード』2000-10年、ミルパ・アルタ アクションの記録映像 Photo:Jorge Golem、フランシス・アリス『実践のパラドクス1(ときには何にもならないこともする)』1997年、メキシコシティ アクションの記録映像 5分 Photo: Enrique Huerta、フランシス・アリス『再演』2000年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション アクションの記録映像(2チャンネル)5分20秒 映像スティル、フランシス・アリス『愛国者たちの物語』1997年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション アクションの記録映像 24分40秒 映像スティル、フランシス・アリス『無題(コヨーテ、2006-08 年、「川に着く前に橋を渡るな」のための習作)』2006-08年 油彩、ろう画/木製パネルにカンヴァス)

フランシス・アリス『トルネード』2000-10年、ミルパ・アルタ アクションの記録映像 Photo:Jorge Golem
フランシス・アリス『トルネード』2000-10年、ミルパ・アルタ アクションの記録映像 Photo:Jorge Golem
フランシス・アリス『実践のパラドクス1(ときには何にもならないこともする)』1997年、メキシコシティ アクションの記録映像 5分 Photo: Enrique Huerta
フランシス・アリス『実践のパラドクス1(ときには何にもならないこともする)』1997年、メキシコシティ アクションの記録映像 5分 Photo: Enrique Huerta
フランシス・アリス『再演』2000年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション アクションの記録映像(2チャンネル)5分20秒 映像スティル
フランシス・アリス『再演』2000年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション アクションの記録映像(2チャンネル)5分20秒 映像スティル
フランシス・アリス『愛国者たちの物語』1997年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション アクションの記録映像 24分40秒 映像スティル
フランシス・アリス『愛国者たちの物語』1997年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション アクションの記録映像 24分40秒 映像スティル
フランシス・アリス『無題(コヨーテ、2006-08 年、「川に着く前に橋を渡るな」のための習作)』2006-08年 油彩、ろう画/木製パネルにカンヴァス
フランシス・アリス『無題(コヨーテ、2006-08 年、「川に着く前に橋を渡るな」のための習作)』2006-08年 油彩、ろう画/木製パネルにカンヴァス
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年