ニュース

中田ヤスタカとJ.J.エイブラムスが『スター・トレック』挿入歌コラボ、Voはきゃりー

中田ヤスタカ(capsule)と映画監督のJ.J.エイブラムスが、8月23日から全国で公開される映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の挿入歌“Into Darkness”を共同プロデュースしていることが明らかになった。

エイブラムスが監督を務める『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、未来の地球を舞台に、復讐を誓う男・ハリソンとカーク率いる宇宙船エンタープライズの戦いを描いた作品。同作中の「西暦2259年のクラブ」の場面で使用される“Into Darkness”は、ドラマ『LOST』『FRINGE/フリンジ』で作曲を担当するなど音楽への造詣も深いエイブラムス監督のオリジナル楽曲となり、世界6か国のアーティストがそれぞれエイブラムスと共同プロデュースを手がけている。

日本からは共同プロデューサーとして中田が参加。ゲストボーカルにはきゃりーぱみゅぱみゅを迎えている。

今回のコラボレーションについて中田ヤスタカは、「偉大なる『スター・トレック』の世界観の創造に携われたこと、光栄です。J.J.エイブラムス監督とのコラボレーションはとても刺激的であり、音楽家として未知なる冒険を体験できました。圧倒的スケールの今作は、かつて僕自身がそうだったように、様々な分野に新しく挑む人々を勇気づけてくれるような映画です。皆様も是非、臨場感にこだわり抜いて制作した楽曲と共に、楽しんで頂ければ幸いです」とコメントしている。

また、エイブラムス監督は「6か国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と仕上がりに満足を見せているとのこと。なお、同楽曲は7月から配信リリースされる。

作品情報

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

2013年8月23日(金)よりTOHO シネマズ日劇ほか全国公開
監督:J.J.エイブラムス
脚本:デイモン・リンデロフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:
クリス・パイン
ザッカリー・クイント
ゾーイ・サルダナ
ベネディクト・カンバーバッチ
サイモン・ペッグ
ほか
配給:パラマウント ピクチャーズジャパン

(画像:中田ヤスタカ(capsule))

中田ヤスタカ(capsule)
中田ヤスタカ(capsule)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー