ニュース

メディアと芸術の関係を捉える『セカイがハンテンし、テイク』展、国内外8組参加

国内外8組の若手作家による現代美術展『新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク』が、7月20日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

川崎市市民ミュージアムの開館25周年を記念して行われる同展は、メディアと芸術の関係に注目してきた同館ならではの視点で構成。現代のコミュニケーションツールやメディアが変えた生活観や芸術観、そして他人との距離や世界との距離感を、作家の作品を通じて見つめる。

参加作家は、ニューヨークを拠点に逃げることをテーマにしオブジェクト制作とパフォーマンスを発表するaricoco、身近な素材で制作した機械との対話によって異彩を放つインスタレーションを手掛ける安西剛、実写映像を水彩などで1コマずつ描き起こして作るアニメーションで知られる北上伸江、スケールに着目した作品を生み出す高田安規子・政子、映画監督と映画研究者のユニットで現代美術に初挑戦する冨永昌敬/土田環、パフォーマンスや映像作品で想いを伝えることに挑む中村土光、人々が一定の理解に達することを表現する作品を作る藤村豪&内野清香、インターネットを拠点にウェブサイトをドメイン名も含め作品として発表している作家・ラファエル・ローゼンダール。

会期中には、参加作家によるワークショップ、パフォーマンスや、日比野克彦と辛酸なめ子によるトークなど多数イベントを予定。申込方法などの詳細はオフィシャルサイトから確認してみよう。

イベント情報

『新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク』

2013年7月20日(土)~9月29日(日)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
出品作家:
aricoco
安西剛
北上伸江
高田安規子・政子
冨永昌敬/土田環
中村土光
藤村豪&内野清香
ラファエル・ローゼンダール
料金:一般800円 学生・65歳以上600円
※中学生以下無料

トークイベント
2013年7月20日(土)14:30~
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム ミニホール
出演:
ラファエル・ローゼンダール
インターネット・リアリティ研究会
定員:40名(先着順)
※入場には展覧会チケット(半券可)が必要

トークイベント
2013年7月28日(日)15:00~16:30
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム ミニホール
出演:
日比野克彦
辛酸なめ子
定員:40名(先着順)
※入場には展覧会チケット(半券可)が必要

『現代美術一問一闘!!ライブ編』
2013年8月4日(日)15:00~
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1

中村土光パフォーマンス
『オレって、なんにもいってねえ。in Kawasaki』

2013年8月25日(日)9:30~12:30 / 13:30~16:30
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 2階アートギャラリー前
協力:スチャダラパー
料金:無料(要事前申し込み)

中村土光アートワークスクリーニングデイ
2013年8月24日(土)、9月22日(日)11:30~、13:30~、15:30~
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 映像ホール
上映:『誰かのドキュメンタリー』『伝説の男・パイロット版』
料金:無料(申し込み不要)

作家によるギャラリートークとパフォーマンス
2013年7月20日(土)13:30~
トーク:北上伸江
2013年7月20日(土)14:00~
トーク:ラファエル・ローゼンダール
2013年7月21日(日)14:00~
パフォーマンス+トーク:aricoco
2013年8月4日(日)14:00~
トーク:藤村豪&内野清香
2013年8月18日(日)14:00~
トーク:中村土光トーク
2013年9月8日(日)14:00~
トーク:冨永昌敬/土田環
2013年9月14日(土)14:00~
トーク:高田安規子・政子
2013年9月28日(土)14:00~
トーク:安西剛

学芸員によるギャラリートーク
2013年7月27日(土)、8月11日(日)、8月24日(土)、9月1日(日)、9月15日(日)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)
時間:14:00~

(画像上から:ラファエル・ローゼンダール『Nova』2012年(参考作品)、北上伸江『Rotation Rotaion』 2010年(参考作品)、安西剛『ワークショップ“5分でつくる機械レシピ”』2013年、Aricoco『RUNawayHOME』2011年(参考作品)、中村土光『誰かのドライブインシアター2013』2013年)

ラファエル・ローゼンダール『Nova』2012年(参考作品)
ラファエル・ローゼンダール『Nova』2012年(参考作品)
北上伸江『Rotation Rotaion』 2010年(参考作品)
北上伸江『Rotation Rotaion』 2010年(参考作品)
安西剛『ワークショップ“5分でつくる機械レシピ”』2013年
安西剛『ワークショップ“5分でつくる機械レシピ”』2013年
Aricoco『RUNawayHOME』2011年(参考作品)
Aricoco『RUNawayHOME』2011年(参考作品)
中村土光『誰かのドライブインシアター2013』2013年
中村土光『誰かのドライブインシアター2013』2013年
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年