特集 PR

『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.5 日比野克彦&スプツニ子!対談 SNS時代のグラフィックの可能性

『GRAPHIC IS NOT DEAD.』 Vol.5 日比野克彦&スプツニ子!対談 SNS時代のグラフィックの可能性

島貫泰介
撮影:菱沼勇夫

2つのヤマハが主催する、デジタルデータにおける平面表現を対象にしたコンペティション『Graphic Grand Prix by Yamaha』。この世に存在するあらゆるものが情報化可能であるかのようにも錯覚させる現代社会において、デジタルという現在地を定めながら、同時にそれとは相反する「存在。」というフィジカルなテーマを掲げて2012年に誕生した同コンペが、今年も開催される。

審査員長は、前回に引き続きアーティストの日比野克彦が担当。さらに、今年はデジタル世代のアーティストとして国内外から熱い注目を集めるスプツニ子!が審査員に加わり、より射程の広いコンペティションへと進化した。

今年のテーマは「いいの?」「いいね!」。ソーシャルネットワーク全盛の現代を象徴するキーワード「いいね!」に、反証を促すようなクエスチョンを併置させたこのテーマに込められたものはいったいなんだろうか。日比野克彦とスプツニ子!による対談を通して、『Graphic Grand Prix by Yamaha』が目指すもの、現代におけるグラフィックの役割、そして新時代の表現を考える。

今回はスプツニ子!さんが審査員に加わってくれたんですが、さっそくズバズバと鋭い意見をたくさんいただきました(笑)。(日比野)

―昨年に引き続いて、日比野さんは『Graphic Grand Prix by Yamaha(以下、『GGP』)』の審査委員長を務められます。今回は審査員にスプツニ子!さんが加わって、一味違った2回目になるのではないかと予感しているのですが。

日比野:前回は、最初に「絶対的なデザイン、グラフィックの可能性って何?」「時代を超えて、地域を超えて、どんな人でも感動させるような、存在感あるグラフィックとは何?」というところからヤマハの皆さんとスタートしたわけです。1970年代にNASAが宇宙に打ち上げた金属板があるじゃないですか。人工衛星に載せたやつ。

スプツニ子!:「パイオニア探査機の金属板」ですね。宇宙人に向けて、人間の男女の身体的特徴とか、太陽系での地球の位置を絵にして刻んである。

日比野:結論として、あれに並ぶ強さを持ったグラフィックを作るのは難しいんだなってことですよね。命題に一丸となってぶつかってみたけれど、ちょっとテーマが大きすぎたかもしれない。だから、応募されてきた作品も、個性的で印象が強かった一方で、審査する僕たちの側にも意見が分かれたり、ドラマがあったんです。でも、最初からヤマハ社員の熱意や意気込みの強さに共感する部分が僕にはすごくあった。今回はスプツニ子!さんが審査員に加わってくれて、このあいだ初めて打ち合わせをしたわけなんですけど、まあ、すごい鋭い意見が彼女から出てくるわけですよ。ズバズバと!

スプツニ子!:ふふふ(笑)。

日比野:そもそものコンペティションの意義や、「二次元と三次元の中間=2.5D」なんていうのも議論の中に現れて……。最終的には、「いいの?」「いいね!」が今回のテーマになりました。

日比野克彦
日比野克彦

いまの時代で、「どんなグラフィックがかっこいいのか」って考えたら、人のつながりを促すくらいのインパクトを持ったものじゃないかな、と思っています。(スプツニ子!)

―前回は、テーマが「存在。」でしたから、フィジカルな部分や作品の強度に価値を見出していくような流れでした。それに対してスプツニ子!さんのこれまでの活動は、作品をYouTubeにアップしたことが、ご自身のブレイクに繋がっていったように、身体的なアプローチとは異なる印象があります。

スプツニ子!:でも、日比野さんが目指そうとしているところと、今回のテーマって、私的にはすごく似ていると感じます。日比野さんの作品って、制作のプロセスを見せて、人を巻き込んで、あるムーブメントを作り出していきますよね。それって、いまソーシャルメディアで注目されているような要素を、ずっと前から先取りしていたと言えると思うんです。

―サッカー大会を企画したり、皆で船を作って航海したり。

スプツニ子!:今回のテーマが「いいの?」「いいね!」に決まったとき、日比野さんが「共感が大切なんだ」っていう話をされていましたが、ネット上でも、何か面白いことがあったときは、友だちに見せたくなったり、自分たちでもマネしたくなったりする。そういう気持ちを喚起するものが、ネット上ではバズる(話題になる)。例えば、ついこの前に流行った「マカンコウサッポウ」とか。

日比野:ああ、それ見た見た。女子高生たちがバーンってふっ飛ばされている写真だよね。

スプツニ子!:埼玉の女子高生がやり始めて、すごくインパクトがあるものだから、皆がマネするようになって、「ハドウケニング」っていう新しいバリエーションまで生まれた。さらに海外にも飛び火して、『スターウォーズ』のダース・ベイダー風にアレンジした「ベイダリング」が登場したり(笑)。これって、インターネットを媒介にしながら、現実の場所でさまざまなコミュニティーが立ち上がっているということだと思うんです。そういう意味で、「ムーブメントを起こす」ことができるビジュアルって、いまの時代のグラフィックとしてアリだなと思います。インターネットが普及してなかった時代のコンペティションって、審査員に選ばれないと作品を世の中に発信することができなかったけれど、いまはネットで発表できちゃう時代ですよね。そういう環境の中で、どんなグラフィックがかっこいいかって考えたら、人のつながりを促すくらいのインパクトを持ったものじゃないかな、と思います。

スプツニ子!
スプツニ子!

―「マカンコウサッポウ」と画像検索をすると、とんでもない数の画像がヒットしますね。影響力の大きさを考えれば、たしかに現代ならではのグラフィックとも言えるかもしれません。

スプツニ子!:近いものだと、フラッシュモブとか、PSYの“江南スタイル”とか「マカンコウサッポウ」を作った女子高生たちは、現代の表現者としては、かなり先を行っていると思いますよ。次の『GGP』グランプリを彼女たちにあげたいぐらい! でも、今の時点で大賞が決まっていたらヤバいですね(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『2013 Graphic Grand Prix by Yamaha』

応募期間:2013年6月3日(月)〜9月30日(月)
テーマ:「いいの?」「いいね!」
審査委員:
日比野克彦
スプツニ子!
ヤマハ株式会社 ヤマハ発動機株式会社 デザインセクションメンバー
川田学(ヤマハ株式会社 デザイン研究所 所長)
吉良康宏(ヤマハ発動機株式会社 デザイン本部デザイン・ディレクター)
竹井邦浩(ヤマハ・デザイン・スタジオ・ロンドン デザイナー)
並木育男(ヤマハ発動機株式会社 デザイナー)

プロフィール

日比野克彦(ひびの かつひこ)

アーティスト。1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学先端芸術表現科教授。東京藝術大学大学院修了。大学在学中の1982年にダンボールを使った平面作品で、第3回日本グラフィック展大賞、さらに翌年には第30回ADC賞最高賞を受賞し注目を浴びる。国内外で個展・グループ展を多数開催する他、パブリックアート・舞台美術など、多岐にわたる分野で活動中。近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。

スプツニ子!(すぷつにこ!)

1985年、東京都で、英国人の母と日本人の父(ともに数学者)の間に生まれる。東京、ロンドン在住。ロンドン大学インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を20歳で卒業後、フリープログラマーとして活動。その後、英国王立芸術学院(RCA)Design Interactions科修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化する人間の在り方や社会を反映させた作品を制作。2009年、原田セザール実との共同プロジェクト『Open_Sailing』が、アルス・エレクトロニカで「the next idea賞」を受賞。2012年より神戸芸術工科大学大学院客員教授。主な展覧会に、『東京アートミーティングトランスフォーメーション』(2011、東京都現代美術館)、『Talk to Me』(2011、ニューヨーク近代美術館)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感