ニュース

PFFスカラシップの全21作品を連日上映、園子温作品のニュープリント上映も

『第35回PFF ぴあフィルムフェスティバル』の開催を記念したイベント『PFFスカラシップのすべて』が、8月11日から東京・渋谷の映画美学校エクランで開催される。

「PFFスカラシップ」は、『PFF』が企画から劇場公開までをプロデュースする映画製作プロジェクト。今までに園子温など日本を代表する映画監督を数多く輩出している。同イベントでは、園子温監督の『自転車吐息』や橋口亮輔監督の『二十才の微熱』、矢口史靖の『裸足のピクニック』、内田けんじ監督の『運命じゃない人』、石井裕也監督の『川の底からこんにちは』など、PFFスカラシップで制作された全21作品を制作当時のオリジナルフォーマットで上映。なお、『自転車吐息』はニュープリントでの上映となる。

また、イベント最終日の8月16日には3つの特別プログラムを開催。「日本映画が与える衝撃」をテーマに『PFFアワード1997』の準グランプリ作品『鬼畜大宴会』を上映する『第二回世界映画地図』のほか、PFFディレクター荒木啓子とPFFスカラシッププロデューサーの天野真弓、ゲスト監督らによる『PFFなんでも相談室』、昨年9月の『PFF』でグランプリとジェムストーン賞の2冠を獲得した鶴岡慧子監督『くじらのまち』の上映会が予定されている。

さらに、平野勝之監督と園子温監督が80年代に制作した作品を8mm映写機で上映する『8mmオールナイト』が、8月17日に東京・オーディトリウム渋谷で開催。同イベントには平野勝之監督がゲストとして来場する。上映日時など各プログラムの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『PFFスカラシップのすべて』

2013年8月11日(日)~8月16日(金)
会場:東京都 渋谷 映画美学校エクラン
料金:前売1回券800円 当日1回券1,000円 フリーパス券5,000円(限定20枚)

『PFFスカラシップ全21作品一挙上映』
8月11日上映作品:
上映作品:
『イみてーしょん、インテリあ。』(監督:風間志織)+『大いなる学生』(監督:小池隆)
『はいかぶり姫物語』(監督:斎藤久志)
『バス』(監督:小松隆志)
『自転車吐息』(監督:園子温)

8月12日上映作品:
上映作品:
『二十才の微熱』(監督:橋口亮輔)
『裸足のピクニック』(監督:矢口史靖)
『この窓は君のもの』(監督:古厩智之)
『タイムレス メロディ』(監督:奥原浩志)

8月13日上映作品:
上映作品:
『空の穴』(監督:熊切和嘉)
『IKKA:一和』(監督:川合晃)
『バーバー吉野』(監督:荻上直子)
『BORDER LINE』(監督:李相日)

8月14日上映作品:
上映作品:
『パークアンドラブホテル』(監督:熊坂出)
『水の花』(監督:木下雄介)
『運命じゃない人』(監督:内田けんじ)
『14歳』(監督:廣末哲万)

8月15日上映作品:
上映作品:
『不灯港』(監督:内藤隆嗣)
『恋に至る病』(監督:木村承子)
『家族X』(監督:吉田光希)
『川の底からこんにちは』(監督:石井裕也)

特別プログラム
『第2回世界映画地図』

2013年8月16日(金)15:00~
上映作品:『鬼畜大宴会』(監督:熊切和嘉)
ゲスト:
熊切和嘉
ほか
※フリーパス券の使用不可

特別プログラム
『PFFなんでも相談室』

2013年8月16日(金)19:00~
ゲスト:
荒木啓子(PFFディレクター)
天野真弓(PFFスカラシッププロデューサー)
ほか
※『一挙上映』および『第2回世界映画地図』のチケットの半券、『くじらのまち』のチケット、フリーパス券を持参された方のみ入場可能。

特別プログラム
『くじらのまち』上映

2013年8月16日(金)21:00~
上映作品:『くじらのまち』(監督:鶴岡慧子)
ゲスト:
鶴岡慧子
片野翠
※フリーパス券の使用不可

『8mmオールナイト』
2013年8月17日(土)23:30~
会場:東京 渋谷 オーディトリウム渋谷
上映作品:
『狂った触角』(監督:平野勝之)
『俺は園子温だ!!』(監督:園子温)
『人間らっこ対かっぱ』(監督:平野勝之)
『砂山銀座』(監督:平野勝之)
『銀河自転車の夜』(監督:平野勝之)
『男の花道』(監督:園子温)
ゲスト:平野勝之
料金:前売2,000円 当日2,500円
※フリーパス券の使用不可

(画像上から:第4回PFFスカラシップ作品『自転車吐息』(監督:園子温) ©ぴあ・アンカーズプロダクション、第6回PFFスカラシップ作品『二十才の微熱』(監督:橋口亮輔) ©ぴあ・ポニーキャニオン、第14回PFFスカラシップ作品『運命じゃない人』(監督:内田けんじ) ©PFFパートナーズ、『狂った触角』(監督:平野勝之)、『鬼畜大宴会』(監督:熊切和嘉))

第4回PFFスカラシップ作品『自転車吐息』(監督:園子温) ©ぴあ・アンカーズプロダクション
第4回PFFスカラシップ作品『自転車吐息』(監督:園子温) ©ぴあ・アンカーズプロダクション
第6回PFFスカラシップ作品『二十才の微熱』(監督:橋口亮輔) ©ぴあ・ポニーキャニオン
第6回PFFスカラシップ作品『二十才の微熱』(監督:橋口亮輔) ©ぴあ・ポニーキャニオン
第14回PFFスカラシップ作品『運命じゃない人』(監督:内田けんじ) ©PFFパートナーズ
第14回PFFスカラシップ作品『運命じゃない人』(監督:内田けんじ) ©PFFパートナーズ
『狂った触角』(監督:平野勝之)
『狂った触角』(監督:平野勝之)
『鬼畜大宴会』(監督:熊切和嘉)
『鬼畜大宴会』(監督:熊切和嘉)
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材