ニュース

5人の美術作家がインスタレーション作品を発表する展覧会『日常/オフレコ』

国内外で活動する30代から40代前半のアーティストによる新作インスタレーションの展覧会『日常/オフレコ』が、1月11日から神奈川・KAAT神奈川芸術劇場中スタジオで開催される。

同展は、これまで神奈川県民ホールギャラリーで行われた2009年の『日常/場違い』、2011年の『日常/ワケあり』に続く、広大な展示室を活用したシリーズ展の第3弾。マスコミ用語の「オフレコ」を現代美術の視点で捉え直すことで、社会や環境、生活、そして人生の背後に潜む様々な事情、状況、現象などの記録を、作家独自の思考と手法で表したインスタレーション作品を紹介する。

参加作家は、様々な物の表面を削ることでアート作品に変容させる青田真也、身近な素材を巧みに使用してコンセプチュアルな作品を制作するドイツ・デュッセルドルフ在住の安藤由佳子、ミニマルな漆黒の画面を描き続けている梶岡俊幸、平面作品や絵画を髣髴とさせるアニメーションを手掛ける佐藤雅晴、サウンドや映像を巧みに駆使したインスタレーションを劇場空間に制作する八木良太の5人。

会期中には、宮内康乃が率いる音楽グループ「つむぎね」によるパフォーマンス、参加作家によるトークや、チェルフィッチュ主宰の岡田利規と同展の担当学芸員によるトーク、寒川晶子、テニスコーツによるパフォーマンスなどが予定されている。なお、同展のカタログには岡田利規による書き下ろし小説も収録される。

イベント情報

神奈川県民ホールギャラリー 2013年度企画展
『日常/オフレコ』

2014年1月11日(土)~1月30日(木)
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
青田真也
安藤由佳子
梶岡俊幸
佐藤雅晴
八木良太
料金:一般600円 学生・65歳以上500円
※高校生以下無料

『日常/オフレコ』×アート・コンプレックス2014
つむぎねパフォーマンス『さく』

2014年1月17日(金)、1月18日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
出演:つむぎね(主宰・演出:宮内康乃 パフォーマンス:ArisA、浦畠晶子、大島菜央、鈴木モモ、ツダユキコ、中尾果、宮内康乃、森戸麻里未、やまもとまりこ)
料金:2,000円

出品作家によるトーク
2014年1月11日(土)14:00~
出演:青田真也
2014年1月11日(土)15:00~
出演:安藤由佳子
2014年1月12日(日)14:00~
出演:梶岡俊幸
2014年1月12日(日)15:00~
出演:佐藤雅晴
2014年1月12日(日)16:00~
出演:八木良太

学芸スタッフトーク
2014年1月18日(土)11:00~、1月19日(日)11:00~

岡田利規(チェルフィッチュ主宰)×中野仁詞(本展企画学芸員)トーク
『インスタレーションとパフォーミング・アーツ』
岡田利規書き下ろし小説(本展カタログ収録)リーディング

2014年1月19日(日)14:00~
出演:山縣太一(チェルフィッチュ)

寒川晶子(ピアノ)パフォーマンス
テニスコーツパフォーマンス

2014年1月25日(土)14:00~(予定)

本展の展示設営をしたテクニカルスタッフトーク
日時未定

(画像上から:青田真也『untitled』(2008)、安藤由佳子『dialog』(2010)、梶岡俊幸『夜行』(2011)、佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)、八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館)

青田真也『untitled』(2008)
青田真也『untitled』(2008)
安藤由佳子『dialog』(2010)
安藤由佳子『dialog』(2010)
梶岡俊幸『夜行』(2011)
梶岡俊幸『夜行』(2011)
佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)
佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)
八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館
八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館
画像を拡大する(6枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』