ニュース

5人の美術作家がインスタレーション作品を発表する展覧会『日常/オフレコ』

国内外で活動する30代から40代前半のアーティストによる新作インスタレーションの展覧会『日常/オフレコ』が、1月11日から神奈川・KAAT神奈川芸術劇場中スタジオで開催される。

同展は、これまで神奈川県民ホールギャラリーで行われた2009年の『日常/場違い』、2011年の『日常/ワケあり』に続く、広大な展示室を活用したシリーズ展の第3弾。マスコミ用語の「オフレコ」を現代美術の視点で捉え直すことで、社会や環境、生活、そして人生の背後に潜む様々な事情、状況、現象などの記録を、作家独自の思考と手法で表したインスタレーション作品を紹介する。

参加作家は、様々な物の表面を削ることでアート作品に変容させる青田真也、身近な素材を巧みに使用してコンセプチュアルな作品を制作するドイツ・デュッセルドルフ在住の安藤由佳子、ミニマルな漆黒の画面を描き続けている梶岡俊幸、平面作品や絵画を髣髴とさせるアニメーションを手掛ける佐藤雅晴、サウンドや映像を巧みに駆使したインスタレーションを劇場空間に制作する八木良太の5人。

会期中には、宮内康乃が率いる音楽グループ「つむぎね」によるパフォーマンス、参加作家によるトークや、チェルフィッチュ主宰の岡田利規と同展の担当学芸員によるトーク、寒川晶子、テニスコーツによるパフォーマンスなどが予定されている。なお、同展のカタログには岡田利規による書き下ろし小説も収録される。

イベント情報

神奈川県民ホールギャラリー 2013年度企画展
『日常/オフレコ』

2014年1月11日(土)~1月30日(木)
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
青田真也
安藤由佳子
梶岡俊幸
佐藤雅晴
八木良太
料金:一般600円 学生・65歳以上500円
※高校生以下無料

『日常/オフレコ』×アート・コンプレックス2014
つむぎねパフォーマンス『さく』

2014年1月17日(金)、1月18日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
出演:つむぎね(主宰・演出:宮内康乃 パフォーマンス:ArisA、浦畠晶子、大島菜央、鈴木モモ、ツダユキコ、中尾果、宮内康乃、森戸麻里未、やまもとまりこ)
料金:2,000円

出品作家によるトーク
2014年1月11日(土)14:00~
出演:青田真也
2014年1月11日(土)15:00~
出演:安藤由佳子
2014年1月12日(日)14:00~
出演:梶岡俊幸
2014年1月12日(日)15:00~
出演:佐藤雅晴
2014年1月12日(日)16:00~
出演:八木良太

学芸スタッフトーク
2014年1月18日(土)11:00~、1月19日(日)11:00~

岡田利規(チェルフィッチュ主宰)×中野仁詞(本展企画学芸員)トーク
『インスタレーションとパフォーミング・アーツ』
岡田利規書き下ろし小説(本展カタログ収録)リーディング

2014年1月19日(日)14:00~
出演:山縣太一(チェルフィッチュ)

寒川晶子(ピアノ)パフォーマンス
テニスコーツパフォーマンス

2014年1月25日(土)14:00~(予定)

本展の展示設営をしたテクニカルスタッフトーク
日時未定

(画像上から:青田真也『untitled』(2008)、安藤由佳子『dialog』(2010)、梶岡俊幸『夜行』(2011)、佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)、八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館)

青田真也『untitled』(2008)
青田真也『untitled』(2008)
安藤由佳子『dialog』(2010)
安藤由佳子『dialog』(2010)
梶岡俊幸『夜行』(2011)
梶岡俊幸『夜行』(2011)
佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)
佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)
八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館
八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと