ニュース

5人の美術作家がインスタレーション作品を発表する展覧会『日常/オフレコ』

国内外で活動する30代から40代前半のアーティストによる新作インスタレーションの展覧会『日常/オフレコ』が、1月11日から神奈川・KAAT神奈川芸術劇場中スタジオで開催される。

同展は、これまで神奈川県民ホールギャラリーで行われた2009年の『日常/場違い』、2011年の『日常/ワケあり』に続く、広大な展示室を活用したシリーズ展の第3弾。マスコミ用語の「オフレコ」を現代美術の視点で捉え直すことで、社会や環境、生活、そして人生の背後に潜む様々な事情、状況、現象などの記録を、作家独自の思考と手法で表したインスタレーション作品を紹介する。

参加作家は、様々な物の表面を削ることでアート作品に変容させる青田真也、身近な素材を巧みに使用してコンセプチュアルな作品を制作するドイツ・デュッセルドルフ在住の安藤由佳子、ミニマルな漆黒の画面を描き続けている梶岡俊幸、平面作品や絵画を髣髴とさせるアニメーションを手掛ける佐藤雅晴、サウンドや映像を巧みに駆使したインスタレーションを劇場空間に制作する八木良太の5人。

会期中には、宮内康乃が率いる音楽グループ「つむぎね」によるパフォーマンス、参加作家によるトークや、チェルフィッチュ主宰の岡田利規と同展の担当学芸員によるトーク、寒川晶子、テニスコーツによるパフォーマンスなどが予定されている。なお、同展のカタログには岡田利規による書き下ろし小説も収録される。

イベント情報

神奈川県民ホールギャラリー 2013年度企画展
『日常/オフレコ』

2014年1月11日(土)~1月30日(木)
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
青田真也
安藤由佳子
梶岡俊幸
佐藤雅晴
八木良太
料金:一般600円 学生・65歳以上500円
※高校生以下無料

『日常/オフレコ』×アート・コンプレックス2014
つむぎねパフォーマンス『さく』

2014年1月17日(金)、1月18日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
出演:つむぎね(主宰・演出:宮内康乃 パフォーマンス:ArisA、浦畠晶子、大島菜央、鈴木モモ、ツダユキコ、中尾果、宮内康乃、森戸麻里未、やまもとまりこ)
料金:2,000円

出品作家によるトーク
2014年1月11日(土)14:00~
出演:青田真也
2014年1月11日(土)15:00~
出演:安藤由佳子
2014年1月12日(日)14:00~
出演:梶岡俊幸
2014年1月12日(日)15:00~
出演:佐藤雅晴
2014年1月12日(日)16:00~
出演:八木良太

学芸スタッフトーク
2014年1月18日(土)11:00~、1月19日(日)11:00~

岡田利規(チェルフィッチュ主宰)×中野仁詞(本展企画学芸員)トーク
『インスタレーションとパフォーミング・アーツ』
岡田利規書き下ろし小説(本展カタログ収録)リーディング

2014年1月19日(日)14:00~
出演:山縣太一(チェルフィッチュ)

寒川晶子(ピアノ)パフォーマンス
テニスコーツパフォーマンス

2014年1月25日(土)14:00~(予定)

本展の展示設営をしたテクニカルスタッフトーク
日時未定

(画像上から:青田真也『untitled』(2008)、安藤由佳子『dialog』(2010)、梶岡俊幸『夜行』(2011)、佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)、八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館)

青田真也『untitled』(2008)
青田真也『untitled』(2008)
安藤由佳子『dialog』(2010)
安藤由佳子『dialog』(2010)
梶岡俊幸『夜行』(2011)
梶岡俊幸『夜行』(2011)
佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)
佐藤雅晴『ダテマキ』(2013)
八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館
八木良太『sound sphere』(2011) 写真:新良太 写真提供:東京都現代美術館
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場