特集 PR

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.1 新たな知覚の「PLAYボタン」を押す 八木良太インタビュー

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.1 新たな知覚の「PLAYボタン」を押す 八木良太インタビュー

八木良太の生み出す作品は、ときにロマンチックであり、ときに宇宙の真理を突くようであり、そして大抵において、意外なくらいシンプルなアイデアから生まれる。氷で出来たレコード盤から流れるメロディーと、その溝が溶けた後にもどこかで鳴っている記憶の音。名作文学のテキストからある部分だけを残したときに現れる、文章と同じくらい雄弁な景色。だが、彼がこうした表現を始めるまでにはいくつかの経緯もあったという。この夏注目のアートイベント『ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?-』への参加が決まった注目アーティストに、これまでの道程から作品づくりの姿勢、またトリエンナーレ出展作品の最新情報までを聞いた。

PROFILE

八木良太
1980年愛媛県出身。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科卒業。現在は京都市を拠点に活動する。氷で作ったレコードをプレイヤー上で奏でる作品『Vinyl』など、「そこに存在しながら意識されないもの/識別不可能なもの」をテーマにする。作品の多くは身近な素材を使い、その慣用的な機能を読み替え、再編集してもうひとつの意味を浮かび上がらせるもの。主な個展に2008年「エマージェンシーズ8『回転』」(NTTコミュニケーションセンター[ICC])、「事象そのものへ」(無人島プロダクション)など。参加グループ展に2009年「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(原美術館)などがある。
Lyt.jp

例えば音声を「斜め読み」できたら面白いんじゃないかとか思いながら

―八木さんの作品には、音や時間をきっかけにこの世界をとらえ直すような表現が多い印象があります。氷でできたレコードを演奏する『Vinyl』、回転するレコードを「ろくろ」にして陶芸を行う『Portamento』など。どれも音とビジュアルが結び付いた表現なのも特徴ですね。こうした試みに進んだきっかけは何だったのでしょう。

八木:あえて整理したことはないのですが、いま現在考えていることをお話しますね。たぶんそれと、これまでやってきたことは無意識的につながっているとも思うんです。いまお話のあった作品や、早送りやスロー再生を用いた『Lento-Presto』のほか、逆再生・巻き戻しなど時間の流れに対して手を加える僕の制作は、新しいゲシュタルト(状態)というか、つまり意味のまとまりをつくりたいのかなと。いまパッと思いついたんですけど(笑)。

―新しい意味のまとまり=新しい感じ方ということ?

八木:かつて批評家のマーシャル・マクルーハンは、メディアが進化すれば人間は視覚以外にも全身でいろいろ受け取れるはず…といった意味のことを言いました。でも、いまだにこの世界は視覚中心な気がします。情報を得る手段としても、本やインターネットなどが主役ですよね。いっぽうで僕は本を読むのが苦手で、長い間読むと目のピントがブレてきたりするんです(苦笑)。逆にこうして人と話していると、どんどん発想が生まれたり、何かを吸収できる実感が強くて。だから、例えば音声を「斜め読み」できたら面白いんじゃないかとか思いながら、音を解体したり、くっつけたりしているんじゃないかな…。

新たな知覚の「PLAYボタン」を押す 八木良太インタビュー
Lyota Yagi 「VINYL」 2005 ©2005 Lyota Yagi Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

―作品『MOMO』では、奪われた時間を取り戻す冒険譚『モモ』(ミヒャエル・エンデ作)の朗読が、レコードから順方向と逆方向再生で混在しながら聴こえてきますね。

八木:例えばああいう風に再構成された音でも、生まれたばかりの赤ちゃんに聞かせたら、意外と理解できるようにもなるかもな、とか。普通の音とそういう音と、両方感じられるようになればもっと世界が広がるんじゃないかと思えるんです。

―そうした発想は、音を使ったもの以外にも多くの八木作品にも通じる気がしますね。小説『星の王子さま』(サン=テグジュペリ作)の欧文テキストを広げて、その中のピリオドや「i, j」などの点だけを浮かび上がらせることで星空のようになる『Le petit prince』など。続けて、もう少しさかのぼった少年時代・学生時代のことなども伺えたらと思います。

新たな知覚の「PLAYボタン」を押す 八木良太インタビュー
Lyota Yagi「Le petit prince」2005©2005 Lyota Yagi Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

2/4ページ:「わざわざこんなにややこしくする必要あるんですか?」と言われて

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)