映像作家さわひらきの展覧会は領域への関心がテーマ、日本初公開作品も紹介

映像作家・さわひらきの展覧会『さわ ひらき Under the Box, Beyond the Bounds』が、1月18日から東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで開催される。

ロンドン在住のさわは、「室内を飛行機が飛ぶ」「やかんや木馬がひとりでに動き出す」といった現実にはありえない光景を取り入れた、箱庭のような映像作品を制作するアーティスト。

同展では、さわの最初期の作品から一貫して見られる「領域」への関心をテーマに構成。ドローイングや立体作品といったさわ自身の日常および意識から生み出された作品をはじめ、スコットランドのダンディー市に残る古い天文台で撮影された日本初公開の映像作品『Lenticular』などが紹介される。

また、1月19日にはさわ、野村しのぶ(東京オペラシティアートギャラリーキュレーター)、グラハム・ドンケ(ダンディー・コンテンポラリー・アーツ)によるトークイベントも行われる。


『さわ ひらき Under the Box, Beyond the Bounds』招待券をプレゼント

『さわ ひらき Under the Box, Beyond the Bounds』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年2月3日)

イベント情報

『さわ ひらき Under the Box, Beyond the Bounds』

2014年1月18日(土)~3月30日(日)
会場:東京都 初台 東京オペラシティアートギャラリー(3Fギャラリー1、2)
時間:11:00~19:00(金・土は11:00~20:00、最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜、2月9日(日)
料金:一般1,000円 大学・高校生800円 中学・小学生600円

アーティストトーク
2014年1月19日(日)16:00~
会場:東京都 初台 東京オペラシティアートギャラリー 展示室内
出演:
さわひらき
野村しのぶ(東京オペラシティアートギャラリーキュレーター)
グラハム・ドンケ(ダンディー・コンテンポラリー・アーツ)
料金:無料(入場には当日の入場券が必要)
※日英逐次通訳付き、予約不要
※当日の参加状況により、入場制限を行う場合があります

(画像上から:『Souvenir』2012 Courtesy of the artis and Ota Fine Arts、『Dwelling』2002 Courtesy of the artis and Ota Fine Arts、『In Here』2014 Courtesy of the artist and Ota Fine Arts、『Did I ?』2011 Courtesy of the artist and Ota Fine Arts、『Lenticular』2013 Courtesy of the artis and Ota Fine Arts)

  • HOME
  • Art/Design
  • 映像作家さわひらきの展覧会は領域への関心がテーマ、日本初公開作品も紹介

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて