血しぶきを浴びた夏帆のビジュアル解禁、山田悠介の小説『パズル』が実写映画化

山田悠介原作の映画『パズル』が、3月8日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

同作は、『リアル鬼ごっこ』『スイッチを押すとき』などの作品で知られる山田悠介の同名小説作品をもとにした作品。郊外を舞台に、心に傷を負った少女の飛び降り事件と、覆面集団による高校占拠事件から始まる破滅的な物語が、過激な描写を交えながら描かれる。

屋上から飛び降りるが一命を取りとめる女子高生・中村役に夏帆、中村のもとを訪れ、謎の封筒を置き去っていく同級生の湯浅役に野村周平がキャスティングされているほか、高橋和也、大和田獏、八木さおり、佐々木心音、田中隆三らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは映画『先生を流産させる会』で議論を呼んだ内藤瑛亮。

作品情報

『パズル』

2014年3月8日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー
監督:内藤瑛亮
原作:山田悠介『パズル』(KADOKAWA/角川書店)
夏帆
野村周平
高橋和也
八木さおり
佐々木心音
田中隆三
大和田獏
ほか
配給:KADOKAWA

(画像:©2014「パズル」製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 血しぶきを浴びた夏帆のビジュアル解禁、山田悠介の小説『パズル』が実写映画化

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて