ニュース

ロックと青春描く漫画『日々ロック』が入江悠監督で映画化、全裸ライブも再現

榎屋克優による漫画『日々ロック』が映画化され、2014年秋に全国で公開されることがわかった。

2010年から『週刊ヤングジャンプ』で連載されている『日々ロック』は、ライブで極限までエキサイトすると思わず全裸になってしまうという癖を持つ冴えないロックミュージシャン・日々沼拓郎の熱い青春を描いた作品。勉強もスポーツもできず、学校ではいじめられっ子の拓郎は、友人から誘われて結成したロックバンド「ロックンロール・ブラザーズ」のメンバーたちと共に上京し、伝説のライブハウスで働く毎日を送っていたが、斬新なスタイルで世界的に評価を得ているアーティスト・宇田川咲と出会ったことをきっかけに、大きく運命が変わっていく。

今どき珍しいド直球な歌詞と、客が引いてしまうほどの熱いライブパフォーマンスを繰り広げる拓郎役には、野村周平がキャスティング。ライブシーンでは全裸での演技に挑戦する。監督・脚本は『SRサイタマノラッパー』シリーズで知られる入江悠が手掛けるほか、共同脚本には劇団ポップンマッシュルームチキン野郎主宰の吹原幸太が名を連ねている。なお、オフィシャルサイトでは同作に出演するエキストラを募集中だ。

野村周平のコメント

今回お話を頂き原作を読んで、本当に面白く原作のファンになりました。自分が主人公・日々沼を演じることに大きなプレッシャーを感じていますが、身も心も素っ裸に入江監督にあずけて素敵な作品ができるよう一生懸命頑張りたいと思います。

入江悠監督のコメント

すげえ、なんだ! このテンション! この熱い画!それが『日々ロック』を初めて読んだ時の感想です。初期衝動に溢れた筆力とストーリーにぶっとびました。こんな音楽愛にあふれたマンガを映画化できるということに、緊張と激しい歓びを感じています。主演の野村周平くんをはじめ個性的な俳優の皆さん、音楽好きなスタッフたちと、ロックンロールの精神で脳みそをグラグラ揺らしながら撮影を駆け抜けたいと思います。

榎屋克優のコメント

僕の漫画が実写化されるなんて、いまだに信じられません(ヤンジャンに騙されてるんじゃないのかな……)。不安と期待で胸がいっぱいです。見た後でバイトを辞めたくなるような、エレキギターを弾きたくなるような、そんな作品になればいいなあ。

石塚慶生プロデューサーのコメント

「SR サイタマノラッパー」で、ラッパーを目指す若者たちを怒濤の熱量で描いた入江監督。監督との初面談で興奮のあまり、突然服を脱ぎ始めた野村くん。この最強のタッグが、史上最高のロッカー「日々沼拓郎」を誕生させます。「牛丼はサイコーにロックだ」と言ったノエル・ギャラガーに捧ぐ、ロックムービー「日々ロック」。是非ご期待ください!

作品情報

『日々ロック』

2014年秋から全国ロードショー
監督:入江悠
脚本:入江悠、吹原幸太
原作:榎屋克優『日々ロック』(集英社)
出演:
野村周平
ほか
配給:松竹

(画像:左から野村周平、『日々ロック』原作ビジュアル ©榎屋克優/集英社)

左から野村周平、『日々ロック』原作ビジュアル ©榎屋克優/集英社
左から野村周平、『日々ロック』原作ビジュアル ©榎屋克優/集英社
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために