ニュース

自動演奏機械が奏でる音楽とは、安野太郎のゾンビ音楽作品集&発売記念コンサート

作曲家・安野太郎のゾンビ音楽を収めたアルバム『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』が、3月22日にリリースされる。

2012年から安野が実践しているソンビ音楽は、リコーダーにコンプレッサーで空気を送って音を奏でる「ゾンビ」と呼ばれる自動演奏機械が奏でる音楽作品。2013年にはイェリネク作、小沢剛演出による舞台『光のない プロローグ?』でも演奏を披露したほか、『第17回文化庁メディア芸術祭』アート部門の審査委員会推薦作品にも選出された。

最新作となる『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』には全9曲が収録されるほか、ライナーノーツを作曲家の三輪眞弘と美学者の吉岡洋が担当。ジャケットイラストは漫画家の古泉智浩が手掛けている。

また、同作のリリースを記念するコンサートが、3月22日に東京・神保町の試聴室、3月23日に神奈川・横浜の山手ゲーテ座で開催。チケット予約はゾンビ音楽のオフィシャルサイトで受付中だ。なお、チケットにはCDも付属する。

リリース情報

安野太郎のゾンビ音楽
『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』(CD)

2014年3月22日(土)発売
価格:2,500円(税込)

amazonで購入する

イベント情報

『カルテット・オブ・ザ・リビングデッドCD付きコンサート』

2014年3月22日(土)14:00~
会場:東京都 神保町 試聴室
ゲスト:白波多カミン(シンガーソングライター)
定員:40名
料金:予約3,800円 当日4,300円(共にCD、ドリンク付き)

2014年3月22日(土)18:00~
会場:東京都 神保町 試聴室
ゲスト:毛利嘉孝(社会学者)
定員:40名
料金:予約3,800円 当日4,300円(共にCD、ドリンク付き)

2014年3月23日(日)14:00~
会場:神奈川県 横浜 山手ゲーテ座
ゲスト:竹内均
定員:40名
料金:予約3,000円 当日3,500円(共にCD付き)

2014年3月23日(日)18:00~
会場:神奈川県 横浜 山手ゲーテ座
ゲスト:川島素晴(作曲家)
定員:40名
料金:予約3,000円 当日3,500円(共にCD付き)

(画像上:安野太郎、画像下:安野太郎のゾンビ音楽『カルテット・オブ・ザ・リビングデッドジャケット)

安野太郎
安野太郎
安野太郎のゾンビ音楽『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』ジャケット
安野太郎のゾンビ音楽『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)