ニュース

浅野忠信×二階堂ふみで禁断の愛描く『私の男』、血と包丁の不穏な場面写真など公開

6月14日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される映画『私の男』から場面写真が公開された。

場面写真では、二階堂ふみ演じる少女・花が北海道の広大な流氷を前に立ち尽くす姿や花のセーラー服姿、雪の中を並んで歩く花と浅野忠信演じる淳悟、殺人事件の現場を思わせる血のついた包丁などが捉えられている。

映画『私の男』は『第138回直木賞』を受賞した桜庭一樹の同名小説が原作。北海道・紋別の田舎町で寄り添うように暮らす孤児の花と遠縁の男・淳悟が育む禁断の愛と、オホーツク海の流氷の上で起こる殺人事件を描いている。監督は映画『海炭市叙景』『夏の終り』などで知られる熊切和嘉。浅野と二階堂に加え、高良健吾、藤竜也がキャストに名を連ねているほか、音楽をジム・オルークが手掛けている。


『私の男』試写会にご招待

6月2日(月)18:30から新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3-15-15)で行われる『私の男』試写会に5組10名様をご招待いたします!
登壇者:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤竜也、熊切和嘉監督(予定)
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年5月26日)

作品情報

『私の男』

2014年6月14日(土)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:熊切和嘉
原作:桜庭一樹『私の男』(文春文庫)
音楽:ジム・オルーク
出演:
浅野忠信
二階堂ふみ
高良健吾
藤竜也
配給:日活

(画像:『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会)

『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会
画像を拡大する(18枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像