浅野忠信×二階堂ふみで禁断の愛描く『私の男』、血と包丁の不穏な場面写真など公開

6月14日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される映画『私の男』から場面写真が公開された。

場面写真では、二階堂ふみ演じる少女・花が北海道の広大な流氷を前に立ち尽くす姿や花のセーラー服姿、雪の中を並んで歩く花と浅野忠信演じる淳悟、殺人事件の現場を思わせる血のついた包丁などが捉えられている。

映画『私の男』は『第138回直木賞』を受賞した桜庭一樹の同名小説が原作。北海道・紋別の田舎町で寄り添うように暮らす孤児の花と遠縁の男・淳悟が育む禁断の愛と、オホーツク海の流氷の上で起こる殺人事件を描いている。監督は映画『海炭市叙景』『夏の終り』などで知られる熊切和嘉。浅野と二階堂に加え、高良健吾、藤竜也がキャストに名を連ねているほか、音楽をジム・オルークが手掛けている。


『私の男』試写会にご招待

6月2日(月)18:30から新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3-15-15)で行われる『私の男』試写会に5組10名様をご招待いたします!
登壇者:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤竜也、熊切和嘉監督(予定)
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年5月26日)

作品情報

『私の男』

2014年6月14日(土)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:熊切和嘉
原作:桜庭一樹『私の男』(文春文庫)
音楽:ジム・オルーク
出演:
浅野忠信
二階堂ふみ
高良健吾
藤竜也
配給:日活

(画像:『私の男』 ©2014「私の男」製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 浅野忠信×二階堂ふみで禁断の愛描く『私の男』、血と包丁の不穏な場面写真など公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて