ニュース

20世紀フランスを鮮やかな色彩で描いた画家・デュフィの本質に迫る大回顧展

ラウル・デュフィの回顧展『デュフィ展』が、6月7日から東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催される。

ピカソやマティスらと共に、20世紀前半にフランスで活躍した画家・デュフィ。「光=色彩」という独自の理論のもと、画面全体を覆う鮮やかな色彩と軽快な筆さばきで描かれる洗練されたスタイルの絵画で知られる一方で、社会や生活の明るい側面を描いた一面ばかりに注目が集まり、芸術家としての本質が見過ごされてきたとも言われている。

作品の多様な造形を検証することでデュフィの本質に迫る同展では、初期から晩年までの代表作をはじめ、1907年から4年間取り組んだという木版画、ファッションデザイナーのポール・ポワレとの出会いをきっかけに制作に至ったテキスタイル、1940年代に描かれた花をモチーフにした水彩画の作品群や、陶器、家具など多種にわたる作品が展示される。

『デュフィ展』招待券をプレゼント

『デュフィ展』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年4月30日)

イベント情報

『デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー』

2014年6月7日(土)~7月27日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
時間:10:00~19:00(金・土曜は21:00まで、共に入館は閉館の30分前まで)
休館日:7月2日
料金:
前売 一般1,300円 大・高校生800円 中・小学生500円
当日 一般1,500円 大・高校生1,000円 中・小学生700円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像