ニュース

モリサワが2014年の新書体を発表、『タイプデザインコンペ』受賞作含む計35書体

モリサワが9月にリリースする新書体を発表した。

明らかになったのは、モリサワが主催する『タイプデザインコンペティション2012』の受賞作品から初の製品化となるすずむし、Rubberbladeをはじめ、明朝体の凸版文久明朝、秀英横太明朝、デザイン書体のシネマレター、トーキング、タカポッキ、タカモダン、筆書体のひげ文字、UD書体のUD 新ゴ コンデンス80、UD 新ゴ コンデンス60、UD 新ゴ ハングルで、ウェイト違いを含めた計35書体となる。なお、凸版文久体は2016年春までに凸版文久ゴシック R、凸版文久ゴシック DB、凸版文久見出し明朝、凸版文久見出しゴシックの4書体が順次リリースされる予定だ。

またモリサワは、チェコに本社をもつRosetta Type Foundry s. r. o.と、ビジネスでの相互協力をあわせて発表。これにより、Rosettaの多言語フォント21書体を「MORISAWA PASSPORT」で利用可能になるほか、クラウドフォントサービス「TypeSquare」でも提供を予定している。

凸版文久体書体見本
凸版文久体書体見本
凸版文久体エレメント見本書体見本
凸版文久体エレメント見本書体見本
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)