ニュース

畠山直哉、川内倫子ら参加、現代日本の写真表現がテーマの『これからの写真』展

現代日本の写真表現をテーマにした展覧会『これからの写真』が、8月1日から愛知・名古屋の愛知県美術館で開催される。

同展は、デジタル技術の進化に伴う写真をめぐる環境の急激な変化や、写真をはじめとする多様なメディアを自由に選択しながら作品を制作する現代アーティストの増加といった現状を踏まえて企画。空間、時間、鑑賞者との関係性といった多様な視点から、写真とイメージの様相や、これからの写真のあり方を探る。

参加作家は、畠山直哉、鷹野隆大、木村友紀、鈴木崇、川内倫子、田村友一郎、新井卓、田代一倫、加納俊輔の9人。写真作品だけでなく、映像や体験型の作品、インスタレーションなど、「写真」へのアプローチを様々なメディアで表現した作品群が展示される。

なお、会期中は、畠山、鷹野、田代をパネリストに迎えたシンポジウム『表現と距離』といった関連イベントが開催される。

イベント情報

『これからの写真』

2014年8月1日(金)~9月28日(日)
会場:愛知県 名古屋 愛知県美術館
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、共に入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
畠山直哉
鷹野隆大
木村友紀
鈴木崇
川内倫子
田村友一郎
新井卓
田代一倫
加納俊輔
休館日:月曜(ただし9月15日は開館)、9月16日
料金:一般1,100円 高・大学生800円
※中学生以下無料
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は半額。身体障害者手帳、療育手帳に「第1種」、精神障害者保健福祉手帳に「1級」と記載されている方の付添者1名までは半額。

川内倫子『無題』(シリーズ『Illuminance』より)2009年 タイプCプリント 作家蔵
川内倫子『無題』(シリーズ『Illuminance』より)2009年 タイプCプリント 作家蔵
畠山直哉『Blast #13609』2007年 ラムダ・プリント 作家蔵 ©Naoya Hatakeyama / Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo
畠山直哉『Blast #13609』2007年 ラムダ・プリント 作家蔵 ©Naoya Hatakeyama / Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年