川内倫子

Total 37 Posts

1972年、滋賀県生まれ。写真家。1997年に『うたたね』で第9回ひとつぼ展グランプリ(写真部門)受賞。繊細な色彩感覚と独自の眼差しで日常を表現し、一躍注目を集める。2002年、木村伊兵衛写真賞受賞。主な個展に、2005年『AILA + Cui Cui + the eyes, the ears,』(カルティエ財団美術館, パリ)、2012年『照度 あめつち 影を見る』(東京都写真美術館、東京)、2016年『川が私を受け入れてくれた』(熊本現代美術館、熊本)他、国際的に展覧会を多数開催。写真集に『Illuminance』『あめつち』『Halo』『as it is』他。2017年、千葉県に移住。

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて