特集 PR

作家になることは考えてもいなかった 今井俊介インタビュー

作家になることは考えてもいなかった 今井俊介インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織

現代の日本で「美術家として生きる」ことは、非常にリスキーでタフな選択であると言える。また、さまざまな最先端テクノロジーを使ったメディアアートや、空間を使ったインスタレーション作品など、美術表現にも広がりが生まれている中で、「絵画」という伝統的な表現手法は、ある意味使い古され、追究し尽くされたジャンルであると言うことも出来るだろう。

そんな中、「美術」「絵画」という表現を追究し、『第8回 shiseido art egg』で、正統派絵画作品としてはじつに4年ぶりの入選を果たしたアーティストがいる。今井俊介、彼は旗をモチーフとした抽象画のようなペインティングを描く画家。今回は『第8回 shiseido art egg』入選者インタビュー第2弾として、2月7日より個展が始まっている今井俊介のインタビューを掲載する。インスタレーション展示に適した資生堂ギャラリーの広い空間を相手に、今井はいかなる作品を発表しようとしているのか。今回の展示にかけた想い、彼が歩んできた美術家としての軌跡を聞いた。

保育園で絵を描くと親が呼ばれて怒られるんですよ、「普通の子どもがこんな絵を描けるわけがない」って。で、父親が先生にぶち切れたことがあって(笑)。

―『第8回 shiseido art egg』に選出された3名のうち、今井さんは唯一の画家です。じつは、ここ数年の『shiseido art egg』に正当派の画家が選ばれたことはほとんどなかったんですよね。

今井:そうみたいですね。

―ですので、今日は現在に至るまでの今井さんのバイオグラフィーを伺いつつ「絵画をどう考えるか?」という美術の大きな命題にも触れるようなインタビューになればと思っています。今井さんのお父さんも画家だそうですね?

今井:画家というか、高校の美術教師をしていたんです。1960年代後半に多摩美術大学を卒業しているのですが、ちょうど大学闘争の世代。「もの派」(1960年代末~1970年代中期に起こった日本現代美術の大きな動向)の作家たちより、少し下の世代なんですよ。大学の寮の先輩に菅木志雄さんがいたらしくって。

今井俊介
今井俊介

―そういえば、「もの派」が生まれたのは、多摩美でしたね。

今井:3年次以降の授業もほとんど休止状態で、ある日学校に行ったら他大学の学生がバリケードを張っていたっていう時代。本人はロバート・ラウシェンバーグ(アメリカの現代美術家)とかが好きで、構成的な作品を作っていたみたいです。でも、大学闘争の影響もあり、その後、福井に戻って教師になったので、作家としては特に主だった活動はしていませんでした。

―とはいえ、今井さんは美術と近い距離で育たれたんですね。

今井:ええ。実家の2階が父のアトリエでしたし、僕が通っていた高校の美術教師だったんですよ。

―本当に近い距離(笑)。

今井:福井は田舎だから美術予備校がなくて、全部父親に教わったんです。僕は普通の大学に行くつもりだったんですけど、行けない学部、行きたくない学部を削っていったら、案の定音楽とか美術しか残らなかった。じゃあ、美術をやろうかなと思って父親に言ってみたら、「これまで絵なんか描いたことないじゃねえか。だったらまず描いてみろ!」って大反対されて。それで鉛筆デッサンを描いて見せたら、「まあ……2浪くらいすれば受かるんじゃないか?」って(笑)。実際に2浪して入ったんですけど。

―お父さんは慧眼の持ち主ですね(笑)。でも、それまで本格的に絵を描いたことがなかったというのは意外でした。

今井:描くこと自体は子どもの頃から好きだったんですよ。父親が美術教師だから「こうやって描くと、人の横顔が描けるんだよ」とか、コツを教わるじゃないですか。でも、そういうのを保育園で描くと親が呼ばれて怒られるんですよ。「普通の子どもがこんな絵を描けるわけがない」って。で、父親が「魚屋の息子が魚の名前を知っているのと一緒だろ!」って、ぶち切れたことがあって(笑)。

今井俊介

―正論です。

今井:でも、小学校に入ると、友だちや先生から「お父さんが美術の先生なんだから、絵が上手くて当たり前」って言われるのがすごく嫌で。それで美術が一時期嫌いになって、少年野球にハマったり、ピアノ習ってみたり、中学校では吹奏楽部に入ってトロンボーンを吹いていました。若い顧問の先生が「交響曲みたいな曲を上手く演るのもいいけど、楽しい曲を演奏しようよ!」って、ビッグバンドジャズとかも演奏していたんですよ。そこであらためて表現するって面白いことなんだなと気がついて。

―映画の『スウィングガールズ』みたいな。大勢で1つの音楽を作っていくのは楽しかったですか?

今井:楽譜を初見して、みんなで「ハイ」って演奏しても合わないんですよね。練習を重ねて、だんだんとハーモニーが出来上がって1つのグルーヴが生まれるっていう経験はすごく面白かったです。それで、自分の力で何かを生み出すことの喜びを知って、美大を受験してみたいという方向に流れていきました。

Page 1
次へ

イベント情報

『第8回 shiseido art egg 今井俊介展』

2014年2月7日(金)~3月2日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜(祝日が月曜にあたる場合も休館)
料金:無料

ギャラリートーク
2014年2月8日(土)14:00~14:30
出演:今井俊介
料金:無料(予約不要)

『第8回 shiseido art egg 古橋まどか展』

2014年3月7日(金)~3月30日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜(祝日が月曜にあたる場合も休館)
料金:無料

ギャラリートーク
2014年3月8日(土)14:00~14:30
出演:古橋まどか
料金:無料(予約不要)

プロフィール

今井俊介(いまい しゅんすけ)

1978年福井生まれ。2004年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。主な展覧会に『ダイ チュウ ショー 最近の抽象』(府中市美術館市民ギャラリー)、『surface / volume』(HAGIWARA PROJECTS)、『TOO YOUNG TO BE ABSTRACT』(sprout curation)、『第31回損保ジャパン美術財団選抜奨励展』(損保ジャパン東郷青児美術館)、『SSS – expanded painting』(MISAKO & ROSEN)等。現在東京在住。2/15よりHAGIWARA PROJECTSにて個展『color / form』を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に