ニュース

日本のSFを多角的に紐解く企画展『日本SF展・SFの国』、監修は筒井康隆と豊田有恒

日本におけるSFの過去と未来を探る企画展『日本SF展・SFの国』が、7月19日から東京・芦花公園の世田谷文学館で開催される。

未来を語るために想像力を磨き、それぞれの表現を追求してきた日本のSF作家たち。同展では、展覧会を「日本SF大学校」に見立てた構成で、多彩な資料から作家たちがSFという表現を通じて何を伝えようとしたのかを紐解いていくと共に、小説や漫画、アニメ、ゲームなど様々なメディアに溶け込んでいる日本におけるSFの未来を探っていく。監修は筒井康隆と豊田有恒が務める。

会場では、日本SFの父と称される海野十三をはじめ、1959年に創刊された早川書房の『SFマガジン』などSF誌の歴史、1963年に創刊された「創元SF文庫」やSF作品を彩る挿絵の魅力、日本SF第一世代と呼ばれる星新一、小松左京、手塚治虫、筒井康隆、真鍋博といった作家たちの資料が紹介される。さらにとり・みきが同展のために制作したオリジナルアニメーションの公開、SFの遺伝子を受け継いだ浦沢直樹の漫画『20世紀少年』なども紹介される。

また、円谷プロの協力のもとで行われる上映会とトークショー『円谷特撮スペシャル』や、筒井康隆の朗読会、豊田有恒と夢枕獏の対談、浦沢直樹と難波弘之のトークとライブなど、関連イベントも多数行われる。全ての関連イベントや参加方法などは世田谷文学館のオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『日本SF展・SFの国』

2014年7月19日(土)~9月28日(日)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(ただし7月21日、9月15日は開館し、7月22日、9月16日は休館)
料金:一般800円 高校・大学生・65歳以上600円
※中学生以下無料

『エム教授の「人工知能」集中講義』
2014年8月23日(土)14:00~15:30
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 1階文学サロン
講師:松原仁(公立はこだて未来大学教授)
定員:150名(事前申込制)
料金:500円

『浦沢直樹×難波弘之 トーク&ライブ』
2014年9月7日(日)18:00~
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 1階文学サロン
出演:
浦沢直樹(漫画家)
難波弘之(キーボーディスト、SF作家)
定員:150名(事前申込制)
料金:1,000円(ドリンク付き)

『筒井康隆 朗読会』
2014年9月14日(日)18:00~
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 1階文学サロン
出演:筒井康隆(作家)
定員:150名(事前申込制)
料金:1,000円(ドリンク付き)

豊田有恒×夢枕獏対談
『日本SFの未来』
2014年9月28日(日)14:00~15:30
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 1階文学サロン
出演:
豊田有恒(作家)
夢枕獏(作家)
定員:150名(事前申込制)
料金:500円

『日本SF展・SFの国』ポスターグラフィック
『日本SF展・SFの国』ポスターグラフィック
星新一『人造美人』(1961年、新潮社)と「ボッコちゃん」下書き 個人蔵
星新一『人造美人』(1961年、新潮社)と「ボッコちゃん」下書き 個人蔵
『緊急指令10-4・10・10』の電気銃と『ウルトラマンタロウ』のZATヘルメット 1972-1973年 世田谷文学館蔵 ©円谷プロ
『緊急指令10-4・10・10』の電気銃と『ウルトラマンタロウ』のZATヘルメット 1972-1973年 世田谷文学館蔵 ©円谷プロ
「サンダーバード隊のひみつ基地」 構成と文/大伴昌司 絵/水氣隆義 「少年キング」1967年11月5日号(少年画報社)より
「サンダーバード隊のひみつ基地」 構成と文/大伴昌司 絵/水氣隆義 「少年キング」1967年11月5日号(少年画報社)より
小松左京『日本沈没』創作メモ 個人蔵
小松左京『日本沈没』創作メモ 個人蔵
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像