衣服の持つ多様な役割を考察する『服の記憶』展に9組、ANREALAGEの新作も

『服の記憶 ― 私の服は誰のもの?』展が、2015年1月13日まで群馬・アーツ前橋で開催されている。

鑑賞者が「服を着る」という日常的な行為を見つめ直すきっかけになることを目指して開催される同展。デザイナーやファッション産業が作りだす流行や消費の枠組みから離れ、「着ること」を個人や他者との関係性の中で捉えることで、衣服の持つ多様な役割を考察する。

参加作家・ブランドは、青木正一、新井淳一、ANREALAGE、石内都、THEATRE PRODUCTS、STORE、NIGO、平野薫、FORM ON WORDSの9組。展覧会は「糸と布」「衣服の記憶」「自分らしさの神話」をテーマに構成され、石内は遺品に新たな光を当てる作品を展示するほか、THEATRE PRODUCTSは着用者と服作りのプロセスを共有するプロジェクトにより、着用者自身が服づくりに主体的に関わる方法を提案する。また、ANREALAGEの新作や、「未来は過去にある」をコンセプトにしたNIGOの作品なども展示される。

さらに、11月8日と9日にはFORM ON WORDSの新作コレクションが発表されるファッションショーが行われるほか、1月10日には石内が自身と衣服の関係性について語るトークショーも開催される。

なお同展にあわせて、FORM ON WORDSがワークショップを行い、市民がエピソードと共に持ち寄った古着を素材にアーツ前橋のスタッフユニフォームを制作。同展で初披露される。

イベント情報

『服の記憶 ― 私の服は誰のもの?』

2014年10月10日(金)~2015年1月13日(火)
会場:群馬県 アーツ前橋
時間:11:00~19:00(入館は閉館の30分前まで)
参加作家・ブランド:
青木正一
新井淳一
ANREALAGE
石内都
THEATRE PRODUCTS
STORE
NIGO
平野薫
FORM ON WORDS
休館日:水曜、12月28日~1月4日
料金:大人600円 学生・65歳以上400円
※高校生以下無料
※手作りの服飾品を身につけた入館者および17:00以降の入館者は400円
※10月28日、11月29日は無料

FORM ON WORDS ファッションショー
2014年11月8日(土)、11月9日(日)13:00~、15:00~、17:00~
会場:群馬県 アーツ前橋
料金:無料(要観覧券)

トークプログラム
2015年1月10日(土)14:00~16:00
会場:群馬県 シネマまえばし シアターゼロ
定員:100名
料金:無料(要事前申込)

  • HOME
  • Art,Design
  • 衣服の持つ多様な役割を考察する『服の記憶』展に9組、ANREALAGEの新作も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて