日本を舞台に同性婚を描く舞台『透明な隣人』、作・演出は鳥公園の西尾佳織

西尾佳織演出の舞台『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』が、11月13日から東京・浅草のアサヒ・アートスクエアで上演される。

2007年に劇団・鳥公園を結成して以降、全作品の脚本と演出を手掛け、戯曲『カンロ』が『第58回岸田國士戯曲賞』の最終候補作品に選出された西尾佳織。7月には、実話をもとにした同性婚がテーマのアメリカの裁判劇『8 -エイト-』のリーディング公演を行った。

『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』は、『8 -エイト-』の設定を日本に置き換えて西尾が書き下ろした新作戯曲。セクシュアリティーを隠して生きざるを得ない無言の圧力の存在や、そのことにマジョリティーが無自覚であるという日本社会における問題意識を背景に、同性婚を主題にした物語を「これから起こるかもしれない」話として描くという。

なお、同作は11月30日まで開催されている舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー14』の一環で上演。また、11月14日15:00の回終了後に西尾と一橋大学教授で精神科医の宮地尚子のトーク、11月15日19:00の回終了後に西尾と佐々木俊尚のトークがそれぞれ行われる。

※記事掲載時、タイトルの表記内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』

2014年11月13日(木)~11月16日(日)全5公演
作・演出:西尾佳織
出演:
稲毛礼子
兵藤公美(青年団)
松村翔子
内海正考
遠藤麻衣(二十二会)
呉城久美(悪い芝居)
黒川武彦
武田有史
西山真来
野津あおい(サンプル)
葉丸あすか(柿喰う客)
宮崎裕海
料金:前売3,000円 当日3,500円

  • HOME
  • Stage
  • 日本を舞台に同性婚を描く舞台『透明な隣人』、作・演出は鳥公園の西尾佳織

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて