いしいしんじ『麦ふみクーツェ』が舞台化、ウォーリー木下×トクマルシューゴの音楽劇

いしいしんじの小説『麦ふみクーツェ』が舞台化され、2015年4月10日から東京・世田谷パブリックシアター、4月23日から大阪・シアターBRAVA!で上演される。

シアターBRAVA!の10周年記念公演となる同公演は、『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」~everything is symphony!!~』のタイトルで製作。脚本・演出をウォーリー木下、音楽監督をトクマルシューゴが担当し、原作小説の物語をもとに、パフォーマンス的な要素やプロジェクションマッピングなども交えた音楽劇となる。登場人物たちは日用品やセットの一部を楽器として音楽を演奏するほか、観客たちも身の回りにある音を発する物を使用して演奏に参加してもらうという。

主人公の「ねこ」役を渡部豪太、「みどり色」役を皆本麻帆が演じるほか、尾藤イサオ、松尾貴史、小松利昌、植本潤、朴璐美、木戸邑弥、田中利花らも出演。さらに日用品を用いた楽団には田中馨(ショピン、ex.SAKEROCK)、小林うてな(ex.鬼の右腕)らミュージシャンも名を連ねている。チケット一般発売は1月10日からスタート。

『麦ふみクーツェ』公開ゲネプロにご招待

4月10日(金)に世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区太子堂4−1−1)で行われる『麦ふみクーツェ』公開ゲネプロに10組20名様をご招待いたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選の発表は、当選者様のみ3月27日までにメールでご連絡いたします。公演時間は昼を予定しており、詳細はご当選者様にのみお知らせいたします。(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2015年3月25日)

イベント情報

『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」~everything is symphony!!~』

原作:いしいしんじ『麦ふみクーツェ』(新潮文庫)
脚本・演出:ウォーリー木下
音楽監督:トクマルシューゴ
出演:
渡部豪太
皆本麻帆
朴璐美
植本潤
木戸邑弥
小松利昌
田中利花
松尾貴史
尾藤イサオ
ほか

東京公演
2015年4月10日(金)~4月19日(日)全13公演
会場:東京都 世田谷パブリックシアター

大阪公演
2015年4月23日(木)~4月26日(日)全5公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!

料金:S席8,500円 A席7,000円

  • HOME
  • Stage
  • いしいしんじ『麦ふみクーツェ』が舞台化、ウォーリー木下×トクマルシューゴの音楽劇

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて