特集 PR

トクマルシューゴ×ウォーリー木下 いしいしんじ原作を音楽劇に

トクマルシューゴ×ウォーリー木下 いしいしんじ原作を音楽劇に

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:永峰拓也

トクマルシューゴの音楽を、劇場で一緒に合奏することができる。そんな音楽劇が実現しそうだ。いしいしんじの原作をもとにした『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」~everything is symphony!!~』のテーマは、脚本・演出を手掛けたウォーリー木下いわく、ずばり「合奏」なのだという。とある港町を舞台とした物語の中で、「ねこ」と呼ばれる青年をはじめとした登場人物は、お互いに音を合わせながらストーリーを展開させていく。いや、音を鳴らすのは演者だけでない。この音楽劇では、来場者に向けてこんなメッセージも投げられているのだ。「観客はそれぞれ、1人が1個ずつ、何か音の発するものを持参すること」。そう、この舞台で行われる「合奏」とは、その会場内にいるすべての人間が参加するものなのだ。

音楽劇『麦ふみクーツェ』には「この世におよそ打楽器でないものはない」というサブタイトルも添えられている。つまりはこういうことだろう。我々の生きる日常には、いつだって音楽が溢れている。では、ウォーリー木下と音楽監督であるトクマルシューゴはそれを舞台上でどのように表現しようとしているのか。そして、そこで鳴らそうとしている音楽とは、一体どういうものなのか。稽古に入ったばかりの二人に話を聞いた。

原作を読んだときは、本当にすごいと思いました。たくさんのキャラクターによる細かいエピソードがいくつも連なって、最終的にものすごい世界に集約されていく。(トクマルシューゴ)

―『麦ふみクーツェ』の原作との出会いからお聞きしてもいいですか。

ウォーリー:もう10年くらい前かな。劇団員に「これ、面白いですよ」と薦められて読んだらすっかり夢中になってしまって。けっこう分厚い本なんですけど、1日くらいで一気に読み終えちゃったんです。作品の内容もいいんですけど、文章のドライブ感というか、物語をグイグイ進めていく感じに、すっかりのめり込んでしまって。それを機にいしいしんじさんの作品は新刊が出るたびに必ず読んでいます。

『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」~everything is symphony!!~』フライヤー
『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」~everything is symphony!!~』フライヤー

―トクマルさんは今回の音楽劇をきっかけに、いしいさんの作品を知られたんですか。

トクマル:そうなんです。最近はあまり小説を読んでいなかったんですけど、この原作を読んだときは、本当にすごいと思いましたね。分厚い小説の中に、たくさんのキャラクターによる細かいエピソードがいくつも連なっていて、最終的にはそれがものすごい世界に集約されていく。こんな小説を書ける人って、一体どんな人なんだろう? と思って。それで、実際にいしいさんにお会いしたら、「なるほど、こういう人だから書けるんだ」と(笑)。

トクマルシューゴ
トクマルシューゴ

ウォーリー:僕も実際にお会いしたときに感じたんですが、なんか常に踊っているような雰囲気の方ですよね(笑)。

トクマル:いしいさんと話していると、どこまでが本当で、どこまでが嘘なのか、わからなくなってくるんですよ(笑)。最初はわりと現実的な話をしていたはずなのに、会話が進んでいくにしたがって、「いま、どこの世界の話をしてるんですか?」みたいな感じになっていく。突っ込みどころがわからなくなるんです。

僕が作りたいのは、お客さんが当事者になれるような作品なんです。今回の音楽劇をそうするためには、観に来てくれた人たちに合奏する喜びを体験してもらうのが一番だろうと。(ウォーリー木下)

―ウォーリーさんは、どんなきっかけでこの大作を舞台化したいと思うようになったんですか。

ウォーリー:それもまた10年ほど前の話なんですが、1週間ほどブロードウェイに遊びに行ったことがあって、小劇場で観たミュージカルにものすごく影響を受けたんです。「言葉がわからない舞台なのに、なんでこんなに面白いんだろう!?」って。そこで自分もセリフのない音楽的な演劇を作ってみたいと思って始めたのが「THE ORIGINAL TEMPO」という集団で。

ウォーリー木下
ウォーリー木下

―なるほど。

ウォーリー:同時期に『麦ふみクーツェ』を読んでいたら、「すべては打楽器だ」みたいな、すごくプリミティブな音楽の話があって、自分のやりたかった演劇のイメージと結びついちゃったんです。いま思えば、こういう演劇をやりたいと思っていたところで、いしいさんにポンと背中を押してもらえた感じだったんでしょうね。だから「THE ORIGINAL TEMPO」のルーツでもあるし、ずっと挑戦してみたかった作品でもあったんです。

―トクマルさんがおっしゃられたように、原作にはものすごくたくさんのキャラクターが登場して、さまざまな物語が絡んでいきます。そこで気になるのが、ウォーリーさんは『麦ふみクーツェ』のどこを要点と捉えて、舞台化に挑戦するのかということで。

ウォーリー:それが「合奏」なんです。一見バラバラでヘンテコな人たちが集まって合奏したら、何かが瞬間的につながったり、相手に手を伸ばすような行為が見られたり。僕はそういうところが『麦ふみクーツェ』の中で最も重要な部分だと考えていて。いつも思っていることですが、僕が作りたいのは、お客さんが当事者になれるような作品なんですね。今回の音楽劇をそうするためには、観に来てくれた人たちに合奏する喜びを体験してもらうのが一番だろうと。なので、お客さんにも何か音の発するものを持ってきてもらって、一緒に合奏できるような構成にしています。『麦ふみクーツェ』のキャラクターが感じていたことになるべく近い感覚をお客さんにも感じてもらいたくて。

―ウォーリーさんが理想とする演劇のあり方が、『麦ふみクーツェ』の「合奏」に見出されたわけですね。

ウォーリー:そうなんです。当初はセリフがなくても十分に伝わる自信があったので、この作品は音楽だけでもいいと思っていたんですよ。でも、最終的には自分が重要だと考える言葉を原作からピックアップすることにしました。ただ、それでも7割は音楽だけで進む作品になると思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」~everything is symphony!!~』

原作:いしいしんじ『麦ふみクーツェ』(新潮文庫刊、理論社刊)
脚本・演出:ウォーリー木下
音楽監督:トクマルシューゴ
出演:
渡部豪太
皆本麻帆
朴璐美
植本潤
木戸邑弥
小松利昌
田中利花
松尾貴史
尾藤イサオ
ほか

東京公演
2015年4月10日(金)~4月19日(日)全13公演
会場:東京都 世田谷パブリックシアター

大阪公演
2015年4月23日(木)~4月26日(日)全5公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!

料金:S席8,500円 A席7,000円

『TONOFON FESTIVAL 2015』

2015年6月7日(日)OPEN 12:30 / START 13:00
会場:埼玉県 所沢航空記念公園 野外ステージ
出演:
トクマルシューゴ
neco眠る
明和電機
森は生きている
yumbo
麦ふみクーツェ楽団
and more
料金:前売4,500円

プロフィール

ウォーリー木下(うぉーりーきのした)

演出家・劇作家。神戸大学在学中に演劇活動を始め、現在は「sunday」の代表として全ての作品の作・演出を担当。外部公演も数多く手がけ、役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。また、ノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースにおいてエジンバラ演劇祭にて5つ星を獲得するなど、海外で高い評価を得る。10カ国以上の国際フェスティバルに招聘され、演出家として韓国およびスロヴェニアでの国際共同製作も行う。現在は「東京ワンピースタワー」内ライブ・エンターテインメントショーや「東京パフォーマンスドール」のLIVE演出もてがけ『多摩1キロフェス』のフェスティバルディレクターも務めるなど、さらに活動の幅を広げている。

トクマルシューゴ

ギターと玩具を主軸に無数の楽器を演奏する音楽家。2004年、米NYのインディレーベルより、1stアルバム『Night Piece』をリリース。以降、海外各国でのリリースやライブ活動を精力的に行っている。"Katachi"や”Poker”のMVが海外の様々な賞を受賞。6/7(日)には自身が主催する『Tonofon Festival 2015』を開催。麦ふみクーツェ楽団も出演する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)