ニュース

パルコのクラウドファンディング「BOOSTER」が始動、クリエイティブな挑戦を支援

株式会社パルコによるクラウドファンディングサービス「BOOSTER」が、本日12月18日からスタートした。

ショッピングセンター事業者が運営する日本初のクラウドファンディングサービスとなるBOOSTER。「新しい才能の発見と応援」を表す「インキュベート」を社会的な役割のひとつとして掲げるパルコが、様々な想いや才能を持った個人がクリエイティブな挑戦を続けることができる社会の実現を目指して立ち上げる。

BOOSTERでは、プロジェクトオーナーとサポーター双方のリスクを最小化することのできる「オール or ナッシング」方式を採用。プロジェクトオーナーは目標金額が集まった後で、物やサービス作りを開始し、目標金額に達さなかった場合は「プロジェクト不成立」としてサポーターに資金が全額返金される。さらに、パルコ社員や外部パートナーがプロジェクト成立に向けてノウハウや情報の提供、宣伝やPRといった面で支援を行うほか、全国のPARCO店舗や、ギャラリー、ライブハウス、劇場といった施設も必要に応じて活用する。

対象となるプロジェクトは、アート、音楽、出版、映像、演劇、食、アニメ、ゲーム、地場産業など広義のクリエイティブコンテンツ領域全般。特に「日本の次世代才能が海外に挑戦するプロジェクト」「全国の主要都市に展開しているPARCO店舗を活かした、地域の地場産業や人・街を盛り上げるプロジェクト」を積極的に手掛けていくという。

なお、BOOSTERでは本日12月18日から6つのプロジェクトがスタート。コムデギャルソンや草間彌生とのコラボレーションで知られるシンガポールのアートディレクター、テセウス・チャンのアート雑誌を創刊し、第1号でANREALAGEを特集するというASHUによるプロジェクトや、広島のレコードショップ「ステレオレコード」によるRIKI HIDAKA & janのアナログ盤リリース企画、『シブカル祭。』参加クリエイター10組のタイ・バンコク進出プロジェクトなどが資金を募集している。各プロジェクトの支援特典は、BOOSTERのオフィシャルサイトをチェックしよう。

「BOOSTER」イメージビジュアル
「BOOSTER」イメージビジュアル
テセウス・チャン アート雑誌創刊プロジェクト イメージビジュアル
テセウス・チャン アート雑誌創刊プロジェクト イメージビジュアル
『西条酒蔵芸術祭』存続・定着プロジェクト
『西条酒蔵芸術祭』存続・定着プロジェクト
YASUTOSHI EZUMI ニューヨーク進出プロジェクト イメージビジュアル
YASUTOSHI EZUMI ニューヨーク進出プロジェクト イメージビジュアル
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)