ニュース

OKAMOTO'Sが松尾スズキ監督作『ジヌよさらば~かむろば村へ~』の主題歌書き下ろし

OKAMOTO'Sが、4月4日から公開される松尾スズキ監督の映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』の主題歌を手掛けることがわかった。

同作の主題歌に決定したのは、OKAMOTO'Sによる書き下ろしの新曲“ZEROMAN”。お金がないという状態を「パンキッシュにポジティブ」に曲にしたい、という松尾の想いを受けて制作された同曲は、映画のシニカルな世界観に沿った楽曲になっており、歌詞は松尾が手掛けた詞のアイデアをベースに、オカモトショウが仕上げたという。

松尾は、「最後に明るく、前向きになれるような主題歌が欲しい。映画に関係のある内容を語った歌を作りたい」という希望から、同作の音楽監督・佐橋佳幸と話し合ってOKAMOTO'Sの起用を決定。OKAMOTO'Sが長編映画の主題歌を手掛けるのは、今回が初めてとなる。

『ジヌよさらば~かむろば村へ~』は、いがらしみきおの漫画『かむろば村へ』を原作にした作品。現金に触るだけで失神してしまう「お金恐怖症」の元銀行マンの高見武晴を主人公に、高見が金銭を使わずに生きるために移り住んだ過疎の村「かむろば村」で、風変わりな村人たちと交流しながら暮らす様子を描いたスラップスティックコメディーだ。主人公の高見役を演じるのは、2004年の主演映画『恋の門』以来約10年ぶりに松尾監督作品に出演する松田龍平。さらに阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、片桐はいり、中村優子、村杉蝉之介、伊勢志摩、オクイシュージ、モロ師岡、荒川良々、皆川猿時、西田敏行がキャストに名を連ねている。

オカモトショウ(OKAMOTO'S)のコメント

今回、OKAMOTO'Sが豪華な顔ぶれの中で『ジヌよさらば~かむろば村へ~』にたずさわる事ができ、とても感激しています。
主題歌制作にあたり、松尾スズキ監督とミーティングをした時に素晴らしい詩と、そして“パンク”でいきたいというテーマを頂き、その詩に繰り返し書かれていた「ZEROMAN」という言葉に導かれ、バンドで楽曲のイメージを膨らませていきました。
ミーティングの時に「“ゼロ”っていうのはなにもない、なにもいらないようで、“ゼロ”があるってことだと思うんだよね」という監督の話にも感化され、この映画を締めくくるに相応しい楽曲に仕上がったと思います。

作品情報

『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』

2015年4月4日(土)から全国公開
監督・脚本:松尾スズキ
原作:いがらしみきお『かむろば村へ』(小学館 ビッグコミックス スペシャル)
主題歌:OKAMOTO'S“ZEROMAN”
出演:
松田龍平
阿部サダヲ
松たか子
二階堂ふみ
片桐はいり
中村優子
村杉蝉之介
伊勢志摩
オクイシュージ
モロ師岡
荒川良々
皆川猿時
西田敏行
配給:キノフィルムズ

OKAMOTO'S
OKAMOTO'S
『ジヌよさらば~かむろば村へ~』ポスタービジュアル ©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会
『ジヌよさらば~かむろば村へ~』ポスタービジュアル ©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで