『RBMA』記録する『SWITCH』特別号、隈研吾やtomad&tofubeatsのインタビューも

雑誌『SWITCH』の特別編集号『SWITCH SPECIAL ISSUE(Red Bull Music Academy Tokyo 2014)』が、12月20日に刊行された。

今年10月12日から11月14日まで東京を舞台に開催された『Red Bull Music Academy Tokyo 2014』。同書は、期間中に行われた音楽やアート、建築などをテーマにした多種多様なレクチャー、イベントの模様を記録した内容となっており、受講生の一日を追ったドキュメントをはじめ、大友良英、真鍋大度、細野晴臣、冨田勲らのレクチャーの様子、DJ KRUSH、大友良英×EYヨ、池田亮司、灰野敬二、ルーク・ヴァイバート、Oneohtrix Point Never、カール・クレイグらが出演したライブのレポートが掲載される。さらにtomadとtofubeats、隈研吾、伊藤ガビンへのインタビューや山口一郎(サカナクション)による講演の模様なども収められる。


書籍情報

『SWITCH SPECIAL ISSUE(Red Bull Music Academy Tokyo 2014)』

2014年12月20日(土)発売
価格:864円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『RBMA』記録する『SWITCH』特別号、隈研吾やtomad&tofubeatsのインタビューも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて