ニュース

園子温×綾野剛の映画『新宿スワン』沢尻エリカら登場の特報、新キャスト10人も判明

園子温監督の映画『新宿スワン』の公開日が5月30日に決定。あわせて新たなキャストと特報が公開された。

同作は、2005年から『週刊ヤングマガジン』に連載された和久井健による同名漫画の実写映画版。新宿・歌舞伎町を舞台に、女性たちを水商売に斡旋するスカウトマンたちの熾烈な抗争を描く。

一文無しで歌舞伎町をさまよっていたところ、スカウト会社「バースト」の幹部・真虎と出会ったことから裏社会へ足を踏み入れる、金髪で天然パーマの主人公・白鳥龍彦を演じるのは綾野剛。さらに、バーストのライバル会社「ハーレム」に所属するスカウトマンで、龍彦と過去に因縁がある南秀吉役の山田孝之、ある運命を背負った風俗嬢で、龍彦を「王子様」として慕うアゲハ役の沢尻エリカ、龍彦の兄貴分・真虎役の伊勢谷友介の出演がこれまでに明らかになっていた。また、脚本を鈴木おさむ、プロデュースを映画『クローズ』シリーズや『ルパン三世』などで知られる山本又一朗が手掛けている。

今回出演が発表されたのは、ハーレムの幹部・葉山豊役の金子ノブアキ、バーストの幹部・関玄介役の深水元基、時正役の村上淳、バーストに所属する洋介役の久保田悠来、龍彦がスカウトするキャバクラ嬢・栄子役の真野恵里菜、関の恋人・梨子役の丸高愛実、ハーレムの社長・松方役の安田顕、高級クラブ「ムーランルージュ」のママ・涼子役の山田優、バーストの社長・山城神役の豊原功補、ヤクザの組織「紋舞会」の会長・天野修善役の吉田鋼太郎の10人。さらに、同作の主題歌がMAN WITH A MISSIONによる書き下ろしの新曲“Dive”、挿入歌がUVERworldによる書き下ろしの新曲“Collide”になることも明らかになった。

公開された特報では、金髪でパーマ姿の綾野剛演じる龍彦が頭から血を流している場面や、沢尻エリカ演じるアゲハが龍彦に「一緒に逃げよう」と話すシーンに加え、山田孝之、伊勢谷友介らの姿が確認できる。なお、同作は昨年3月に歌舞伎町でクランクイン。昨年末に閉館した映画館・新宿ミラノ座が入居していた新宿TOKYU MILANOビルでも撮影が行われたという。

綾野剛のコメント

皆様、お待たせしました。映画『新宿スワン』完成いたしました。ようやくお届けできること、感謝の極みです。園子温組、スタッフ、キャストと共に魂を込めて暴れさせて頂きました。遠慮なく、皆様に爪痕を残す所存です。いざ。

山田孝之のコメント

魅力を感じてしまう程の凶暴性を持ったヒデヨシは、きっと観た人々の心に深く残ると思います。孤独で賢く不器用な彼は、今でも僕の中に留まり続け、時折その凶暴性に精神を乗っ取られそうになります。

沢尻エリカのコメント

新宿スワン、衝撃の作品です。アゲハを通してこの作品に恋をしました。男たちの迫力のある芝居に圧倒され、現場では常に刺激と興奮の連続でした。

伊勢谷友介のコメント

以前から参加したかった園子温監督作品に初めてがっつり関わらせていただきました。全38巻からなる原作の壮大なスケールを感じさせる、まさにそんな作品に仕上がったと思います。一体どこを描いているのか楽しみにしていて下さい。さらに龍彦、そして真虎のその先はどうなるのか、僕自身もワクワクしています。皆さんに見てもらえる日が今から待ち遠しいです。

園子温監督のコメント

今までの自分を全部捨て去って、新人、新しい監督となって挑んだ。

Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)のコメント

原作漫画ノ連載時、掲載サレテイタ『週刊ヤングマガジン』発売ガ待チキレヌ程ノメリ込ンダ大好キナ作品。作者ノ実体験モ元ニサレテオリ、極道会ト風俗業界ノリアルナ恐ロシサヲ突キツケ、エグイ程ノ復讐ト憎悪ノ螺旋ガ描カレナガラモ、登場人物ノ繊細デ赤裸々ナ感情描写ニ自分ハ虜ニナッテオリマシタ。ソンナ作品ガコレダケ豪華ナキャスト・スタッフノ手ニヨリ映画化サレ、素晴ラシイ作品ニナッタ事ニ1ファントシテ心ヨリ感動シテオリマス。
欲望渦巻ク新宿ヲ舞台ニタダ一人舞イ降リタ白鳥(スワン)ノ如ク、真ッ直グデ純粋ナ主人公ガ自身ノ意味ヲ見出サント、現実ト理想ノ葛藤ニ苛マサレナガラモ成長スル姿トソノ心ガ、我々ノ楽曲『Dive』ノ詞ト世界観ト自分デモ驚ク程化学反応ヲ起コシテ共鳴スルモノニナッタト勝手ニ喜ンデオリマス。願ワクバ映画ヲ御覧頂ク皆様ニトッテモ作品ト切リ離セナイ楽曲ニナッテクレタラ嬉シイデス。

TAKUYA∞(UVERworld)のコメント

原作よりさらに濃く伝わる“迫力”というものに引き込まれ、その世界感にどっぷり浸かり見入ってしまった。それが映画「新宿スワン」を最初に見た僕の感想でした。
その気持ちが冷めぬまま楽曲制作も同時に進行し、スタジオ内でバンドメンバーみんなで意見を出し合って生まれたのが今回の「Collide」。
自分の生き方、・ポリシーに対する世間や敵対勢力との戦い、法律とはまた違う夜の街のルールに葛藤しながらも正面からぶつかっていく主人公の気持ちと重ね合わせています。
また、主演の綾野剛さんとはご飯を一緒にしたりライブに来てくれたり等普段から親交があり、一緒に何かやれたらいいねと言っていた事が現実になったこのチャンスにUVERworldとして全力で応じたい!と気を引き締め今回臨ませて頂きました。
どのシーンで流れるか実際に劇場でご覧頂きお楽しみいただければと思います。

作品情報

『新宿スワン』

2015年5月30日(土)からTOHOシネマズ新宿ほか全国で公開
監督:園子温
脚本:鈴木おさむ、水島力也
原作:和久井健『新宿スワン』(講談社)
主題歌:MAN WITH A MISSION“Dive”
挿入歌:UVERworld“Collide”
出演:
綾野剛
山田孝之
沢尻エリカ
金子ノブアキ
深水元基
村上淳
久保田悠来
真野恵里菜
丸高愛実
安田顕
山田優
豊原功補
吉田鋼太郎
伊勢谷友介
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『新宿スワン』ポスタービジュアル ©2015「新宿スワン」製作委員会
『新宿スワン』ポスタービジュアル ©2015「新宿スワン」製作委員会
『新宿スワン』 ©2015「新宿スワン」製作委員会
『新宿スワン』 ©2015「新宿スワン」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと