松尾スズキの絵本『気づかいルーシー』が音楽劇に、ノゾエ征爾が脚本・演出

舞台『気づかいルーシー』が、8月に東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで上演される。

同作は、松尾スズキが2013年に発表した同名の絵本をもとにした作品。原作は「気づかい」をテーマに、少女・ルーシーと育ての親のおじいさん、馬が繰り広げる一筋縄ではいかないブラックな童話となり、舞台版では音楽劇として上演する。

脚本と演出を手掛けるのは劇団「はえぎわ」主宰のノゾエ征爾。出演者には、岸井ゆきの、栗原類、川上友里(はえぎわ)、山口航太(はえぎわ)、山中崇、小野寺修二が名を連ねている。また、演奏は田中馨(ショピン、ex.SAKEROCK)、森ゆにが担当する。チケットの一般発売は6月20日を予定。

イベント情報

『気づかいルーシー』

2015年8月
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
原作:松尾スズキ『気づかいルーシー』(千倉書房)
脚本・演出:ノゾエ征爾
演奏:田中馨、森ゆに
出演:
岸井ゆきの
栗原類
川上友里(はえぎわ)
山口航太(はえぎわ)
山中崇
小野寺修二

  • HOME
  • Stage
  • 松尾スズキの絵本『気づかいルーシー』が音楽劇に、ノゾエ征爾が脚本・演出

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて