ニュース

『文學界』の特集「映画の狂宴」に蓮實重彦、松尾スズキら

特集記事「映画の狂宴」が、4月7日に発売された『文學界』2015年5月号に掲載されている。

同特集では、蓮實重彦と青山真治、阿部和重がクリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』などアメリカ映画について語る座談会を掲載。さらに北野武監督の新作『龍三と七人の子分たち』と大島渚監督『愛のコリーダ』で主演を務めた藤竜也のインタビュー「北野武と大島渚、どちらが大監督か」、松尾スズキが二階堂ふみ、松たか子、能年玲奈、多部未華子、さらに自分自身について語ったインタビュー「私を通りすぎた女優たち」、柴崎友香と行定勲の対談「これからの映画の話をしよう」、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによる「映画とはタイトルがすべてである」なども掲載されている。さらに藤竜也による「幻の作家デビュー作」だという小説『ストレンジャー・ブルース』も収録。

また、連載執筆陣には、永井均、若松英輔、伊藤比呂美、トミヤマユキコ、山崎ナオコーラ、穂村弘らが名を連ねているほか、犬山紙子による新連載コラム「モテ読書」が今号からスタートしている。

書籍情報

『文學界』2015年5月号

2015年4月7日(火)発売
価格:970円(税込)
発行:文藝春秋

amazonで購入する

『文學界』2015年5月号表紙
『文學界』2015年5月号表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年