ニュース

『文學界』の特集「映画の狂宴」に蓮實重彦、松尾スズキら

特集記事「映画の狂宴」が、4月7日に発売された『文學界』2015年5月号に掲載されている。

同特集では、蓮實重彦と青山真治、阿部和重がクリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』などアメリカ映画について語る座談会を掲載。さらに北野武監督の新作『龍三と七人の子分たち』と大島渚監督『愛のコリーダ』で主演を務めた藤竜也のインタビュー「北野武と大島渚、どちらが大監督か」、松尾スズキが二階堂ふみ、松たか子、能年玲奈、多部未華子、さらに自分自身について語ったインタビュー「私を通りすぎた女優たち」、柴崎友香と行定勲の対談「これからの映画の話をしよう」、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによる「映画とはタイトルがすべてである」なども掲載されている。さらに藤竜也による「幻の作家デビュー作」だという小説『ストレンジャー・ブルース』も収録。

また、連載執筆陣には、永井均、若松英輔、伊藤比呂美、トミヤマユキコ、山崎ナオコーラ、穂村弘らが名を連ねているほか、犬山紙子による新連載コラム「モテ読書」が今号からスタートしている。

書籍情報

『文學界』2015年5月号

2015年4月7日(火)発売
価格:970円(税込)
発行:文藝春秋

amazonで購入する

『文學界』2015年5月号表紙
『文學界』2015年5月号表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側