『文學界』の特集「映画の狂宴」に蓮實重彦、松尾スズキら

特集記事「映画の狂宴」が、4月7日に発売された『文學界』2015年5月号に掲載されている。

同特集では、蓮實重彦と青山真治、阿部和重がクリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』などアメリカ映画について語る座談会を掲載。さらに北野武監督の新作『龍三と七人の子分たち』と大島渚監督『愛のコリーダ』で主演を務めた藤竜也のインタビュー「北野武と大島渚、どちらが大監督か」、松尾スズキが二階堂ふみ、松たか子、能年玲奈、多部未華子、さらに自分自身について語ったインタビュー「私を通りすぎた女優たち」、柴崎友香と行定勲の対談「これからの映画の話をしよう」、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによる「映画とはタイトルがすべてである」なども掲載されている。さらに藤竜也による「幻の作家デビュー作」だという小説『ストレンジャー・ブルース』も収録。

また、連載執筆陣には、永井均、若松英輔、伊藤比呂美、トミヤマユキコ、山崎ナオコーラ、穂村弘らが名を連ねているほか、犬山紙子による新連載コラム「モテ読書」が今号からスタートしている。

書籍情報

『文學界』2015年5月号

2015年4月7日(火)発売
価格:970円(税込)
発行:文藝春秋

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『文學界』の特集「映画の狂宴」に蓮實重彦、松尾スズキら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて