ニュース

タモリの特集「ジャズタモリ」が『SWITCH』に掲載、「いまテレビに必要なこと」を語る

タモリの特集記事「ジャズタモリ TAMORI MY FAVORITE THINGS」が、4月20日に刊行される雑誌『SWITCH Vol.33 No.5』に掲載される。

昨年3月の『笑っていいとも!』放送終了後、新番組『ヨルタモリ』や、4月11日から新たにレギュラー放送が開始するNHK総合の番組『ブラタモリ』などに出演しているタモリ。80ページにおよぶ同特集では、「ジャズ」「テレビ」の2つの切り口からタモリの人物像を紐解いていく。

特集の冒頭には、『ヨルタモリ』でタモリが演じている吉原のモデルであり、タモリが早稲田大学在学中に所属していたモダンジャズ研究会の先輩・菅原正二が経営するジャズ喫茶「ベイシー」をタモリが訪れた際のドキュメントと、操上和美による16ページのフォトストーリーを掲載。タモリがベイシーで聴いたレコード19枚も紹介される。

また、タモリが「いまテレビに必要なこと」を語るインタビューや、糸井重里、みうらじゅん、笑福亭鶴瓶、渡辺貞夫、菊地成孔へのインタビュー、能町みね子によるコラムとタモリの似顔絵なども掲載。さらに、『ヨルタモリ』でタモリと共演している宮沢りえが何度も書き直したというタモリに宛てた手紙も公開される。

なお、『SWITCH』のオフィシャルサイトで同誌を購入すると、操上和美が撮影したタモリのA2ポスターが数量限定でプレゼントされる。

書籍情報

『SWITCH Vol.33 No.5』

2015年4月20日(月)発売
価格:1,080円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

『SWITCH Vol.33 No.5』表紙
『SWITCH Vol.33 No.5』表紙
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
『SWITCH Vol.33 No.5』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年