タモリの特集「ジャズタモリ」が『SWITCH』に掲載、「いまテレビに必要なこと」を語る

タモリの特集記事「ジャズタモリ TAMORI MY FAVORITE THINGS」が、4月20日に刊行される雑誌『SWITCH Vol.33 No.5』に掲載される。

昨年3月の『笑っていいとも!』放送終了後、新番組『ヨルタモリ』や、4月11日から新たにレギュラー放送が開始するNHK総合の番組『ブラタモリ』などに出演しているタモリ。80ページにおよぶ同特集では、「ジャズ」「テレビ」の2つの切り口からタモリの人物像を紐解いていく。

特集の冒頭には、『ヨルタモリ』でタモリが演じている吉原のモデルであり、タモリが早稲田大学在学中に所属していたモダンジャズ研究会の先輩・菅原正二が経営するジャズ喫茶「ベイシー」をタモリが訪れた際のドキュメントと、操上和美による16ページのフォトストーリーを掲載。タモリがベイシーで聴いたレコード19枚も紹介される。

また、タモリが「いまテレビに必要なこと」を語るインタビューや、糸井重里、みうらじゅん、笑福亭鶴瓶、渡辺貞夫、菊地成孔へのインタビュー、能町みね子によるコラムとタモリの似顔絵なども掲載。さらに、『ヨルタモリ』でタモリと共演している宮沢りえが何度も書き直したというタモリに宛てた手紙も公開される。

なお、『SWITCH』のオフィシャルサイトで同誌を購入すると、操上和美が撮影したタモリのA2ポスターが数量限定でプレゼントされる。

書籍情報

『SWITCH Vol.33 No.5』

2015年4月20日(月)発売
価格:1,080円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • タモリの特集「ジャズタモリ」が『SWITCH』に掲載、「いまテレビに必要なこと」を語る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて