横尾忠則、赤瀬川原平らによる演劇ポスター集結、60年代以降の約150点展示

展覧会『現代演劇ポスター展-演劇の記憶、時代の記憶、都市の記憶-』が、5月1日から東京・渋谷ヒカリエのヒカリエホールで開催される。

約2万点の演劇ポスターを所蔵するポスターハリス・カンパニーのコレクションを紹介する同展。1960年代後半の「アングラ演劇」全盛期から現代に至るまでの演劇ポスター約150点が展示され、現代までのポスターの変遷を辿るとともに、ポスターが持つ様々な可能性を再認識出来る内容になっているという。

また、ポスターの作者には、横尾忠則、赤瀬川原平、丸尾末広、和田誠をはじめとする多数のアーティストが名を連ねており、状況劇場、自由劇場、劇団黒テント、夢の遊眠社、東京サンシャインボーイズ、阿佐ヶ谷スパイダース、大人計画、つかこうへい事務所、ナイロン100℃、自転車キンクリートの公演ポスターが展示。会期初日の5月1日には串田和美、扇田昭彦、及部克人、笹目浩之によるトーク、2日には麿赤兒、四谷シモン、桑原茂夫、笹目によるトークが開催される。


イベント情報

『現代演劇ポスター展-演劇の記憶、時代の記憶、都市の記憶-』

2015年5月1日(金)~5月6日(水・振休)
会場:東京都 渋谷 ヒカリエ ヒカリエホール ホールA
時間:11:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:
当日 一般1,000円 大学生500円(ドリンク付)
前売 一般800円(ドリンク付)
※高校生以下無料

トークライブ
2015年5月1日(金)18:30~
会場:東京都 渋谷 ヒカリエ ヒカリエホール ホールA
出演:
串田和美
扇田昭彦
及部克人
笹目浩之

トークライブ
2015年5月2日(土)15:00~
会場:東京都 渋谷 ヒカリエ ヒカリエホール ホールA
出演:
麿赤兒
四谷シモン
桑原茂夫
笹目浩之

  • HOME
  • Art,Design
  • 横尾忠則、赤瀬川原平らによる演劇ポスター集結、60年代以降の約150点展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて