takram&トラフが参加、様々なジャンルを「越境」するデザイン展

『越境のデザイン crossing borders』展が、5月20日から東京・銀座の松屋銀座デザインギャラリー1953で開催される。

日本デザインコミッティーによる同展は、アートディレクターの永井一史が監修を担当。コミュニケーションやプロダクトをはじめ、空間、エンジニアリングといったデザインにおける様々な領域を「越境」する試みに焦点を当てた展示内容になるという。

出展者は、デザインとエンジニアリングの両分野に精通するデザインエンジニアを中核に、建築家やグラフィックデザイナー、サービスデザイナーなどを擁するtakram design engineeringと、建築設計やインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーション、映像制作など多岐にわたって活動する株式会社トラフ建築設計事務所の2組となる。

イベント情報

第715回デザインギャラリー1953企画展
『越境のデザイン crossing borders』

2015年5月20日(水)~6月15日(月)
会場:東京都 銀座 松屋銀座 7階 デザインギャラリー1953
時間:10:00~20:00(6月15日は17:00まで)
参加作家:
takram design engineering
株式会社トラフ建築設計事務所
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • takram&トラフが参加、様々なジャンルを「越境」するデザイン展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて