『日本のグラフィックデザイン2015』展、JAGDA年鑑掲載作品から約300点

『日本のグラフィックデザイン2015』展が、6月19日から東京・六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催される。

同展は、デザイン団体日本グラフィックデザイナー協会・JAGDAが1981年から発行している年鑑『Graphic Design in Japan』の2015年度版の発行を記念して開催されるもの。同書に掲載されている約600点の中から、雑貨、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、空間デザインなど約300点が実物とモニターで展示される。なお、同書の編集長は服部一成、ブックデザインは田中良治が手掛けている。

展示作品は、『第17回亀倉雄策賞』を受賞した佐野研二郎のポスター『HOKUSAI_LINE』をはじめ、葛西薫のポスター『烏賊は蛸が好き 蛸は烏賊が苦手』、長嶋りかこによる『札幌国際芸術祭2014』におけるジェネラルグラフィック、仲條正義がブックデザインを手掛けた写真集などが含まれる。会期中にはグラフィックデザイナー、アートディレクターらによるトークイベントが開催。詳細はデザインハブのオフィシャルサイトで発表される。

イベント情報

東京ミッドタウン・デザインハブ第52回企画展
『日本のグラフィックデザイン2015』

2015年6月19日(金)~8月5日(水)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:11:00~19:00
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 『日本のグラフィックデザイン2015』展、JAGDA年鑑掲載作品から約300点

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて