YMOのライブ盤が8月発売、KRAFTWERKカバーや初期楽曲も

Yellow Magic Orchestraのライブアルバム『Yellow Magic Orchestra NO NUKES 2012』が、8月5日にリリースされる。

同作は、2012年7月に千葉の幕張メッセで開催された音楽イベント『NO NUKES 2012』でYellow Magic Orchestraが披露したライブの音源を収めた作品。初期の楽曲やKRAFTWERKのカバー“放射能”を含む全8曲が収録される。

なお、『NO NUKES 2012』は脱原発のメッセージを掲げて2日間にわたって開催。Yellow Magic Orchestraをはじめ、KRAFTWERK、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Ken Yokoyama、BRAHMANらが出演した。

また、同日にはライブ映像作品『Yellow Magic Orchestra Live in San Francisco』のBlu-ray版もリリース。同作は2011年にアメリカ・サンフランシスコで行った彼らのライブの模様を収めた作品で、2012年にDVD版が発売されている。

リリース情報

Yellow Magic Orchestra
『Yellow Magic Orchestra NO NUKES 2012』(CD)

2015年8月5日(水)発売
価格:3,240円(税込)
RZCM-59939

1. 放射能 / Radioactivity
2. ファイアークラッカー / Firecracker
3. SOLID STATE SURVIVOR
4. 中国女
5. 千のナイフ / 1000 Knives
6. Cosmic Surfin' ~ Absolute Ego Dance
7. 東風
8. Rydeen

amazonで購入する

リリース情報

Yellow Magic Orchestra
『Yellow Magic Orchestra Live in San Francisco 2011』(Blu-ray)

2015年8月5日(水)発売
価格:4,860円(税込)
RZXM-59938

1. Improvisation
2. Firecracker
3. Behind the Mask
4. Riot in Lagos
5. The City of Light
6. Tokyo Town Pages
7. Lotus Love
8. Ongaku
9. Seoul Music
10. Gradated Gray
11. Taiso
12. Tibetan Dance
13. Supreme Secret
14. Thousand Knives
15. Cosmic Surfin'
16. Rydeen
17. Cue
18. Tong Poo

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • YMOのライブ盤が8月発売、KRAFTWERKカバーや初期楽曲も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて