BjorkやQUEENのライブ映像10作を劇場で、『シネ・ロック・フェス』

『シネ・ロック・フェスティバル2015』が、7月25日から東京・丸の内ピカデリーで開催される。

ライブ映像や音楽ドキュメンタリー映画を4週間にわたって上映する同イベント。上映作品は、Bjorkのマルチメディアプロジェクト『Biophilia』のツアーから2013年のロンドン公演の模様を収めた『バイオフィリア・ライブ』や、The Beatles解散後の1971年にポール・マッカートニーが結成したPaul McCartney & Wingsのライブ映像を35ミリフィルムからリマスターした『ロックショウ』、QUEENによる1981年のカナダ公演を捉えた『ロック・モントリオール 1981』、U2のライブを3D映像で収めた『U23D』に加え、The Rolling Stones、エリック・クラプトン、ビリー・ジョエルらが出演したチャリティーライブのドキュメンタリー『12-12-12 / ニューヨーク、奇跡のライブ』など10作品となる。

各作品の上映スケジュールは後日オフィシャルサイトで発表される。

イベント情報

『シネ・ロック・フェスティバル2015』

2015年7月25日(土)~8月21日(金)
会場:東京都 丸の内ピカデリー
上映作品:
Aerosmith『ロックス・ドニントン 2014』
Bjork『バイオフィリア・ライブ』
Paul McCartney & Wings『ロックショウ』
QUEEN『ロック・モントリオール 1981』
The Rolling Stones『スウィート・サマー・サン|ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013』
TOTO『TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ~ライヴ・イン・ポーランド2013』
U2『U23D』
『12-12-12 / ニューヨーク、奇跡のライブ』
『超絶!衝撃!アリス・クーパーの世界』
『プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~』

  • HOME
  • Music
  • BjorkやQUEENのライブ映像10作を劇場で、『シネ・ロック・フェス』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて