ニュース

新井浩文、村上虹郎がロボットと共演、平田オリザのアンドロイド演劇が映画化

平田オリザによるアンドロイド演劇『さようなら』が映画化され、今秋に公開される。

劇団「青年団」を主宰する平田オリザと、ロボット研究者の石黒浩(大阪大学教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長)がタッグを組んだ舞台『さようなら』は、人間とアンドロイドがステージ上で共演することでも注目を集めた作品。放射能に汚染された近未来の日本を舞台に、避難から取り残された外国人の難民・ターニャと、幼いころから病弱な彼女をサポートするアンドロイドのレオナの物語となる。

映画にしかできない時間表現や空間表現、映像表現を駆使して、原作が持つ生と死の世界を再構築するという映画版では、アンドロイドのレオナ役をジェミノイドF2、レオナと暮らす主人公のターニャ役は舞台でも同じ役を演じたブライアリー・ロングが演じる。また、新井浩文、村上虹郎らもキャストに名を連ねている。監督・脚本は『歓待』『ほとりの朔子』などを手掛けた深田晃司、アンドロイドアドバイザーとして石黒が参加している。

撮影について深田監督は、「撮影は時間と天候との戦いでしたが、素晴らしいスタッフ、キャストに支えられ最高の結果を出すことができました。特筆すべきは、レオナ役を演じたアンドロイドのジェミノイドFさん。彼女は映画初出演でありながらほとんどNGも出さず過酷な撮影にも文句を言わない見事な女優ぶりで、すぐに現場の人気者になりました。ぜひ、彼女の銀幕デビューを目撃してください」とコメントしている。

深田晃司監督のコメント

これまでの私の作品を見てくれている人にも、初めましての映画ファンの方にも、ぜひ見て欲しい作品に仕上がりました。まったく新しい日本映画が完成したと自負しています。劇場公開をどうぞ楽しみにしていて下さい。

作品情報

『さようなら』

2015年秋に公開
監督・脚本:深田晃司
原作:平田オリザ
出演:
ブライアリー・ロング
新井浩文
ジェミノイドF2
村田牧子
村上虹郎
木引優子
配給:ファントム・フィルム

『さようなら』より
『さようなら』より
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー