特集 PR

平田オリザ×深田晃司 芸術家は科学者より先に答えを知っている

平田オリザ×深田晃司 芸術家は科学者より先に答えを知っている

『さようなら』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:中村ナリコ

ロボット工学者の石黒浩と劇作家の平田オリザが手がけたアンドロイド演劇『さようなら』。この作品は単に「人間とアンドロイドが共演している」といった見せ物的な内容ではない。死へと向かう女性と死なないアンドロイドの複雑な関係性を通じて、人間存在の意義を観客に問う、哲学的な思考の場だった。

大きな話題を呼んだこの舞台がこの度映画化され、間もなく公開される。監督は、平田オリザ率いる青年団の演出部に所属する深田晃司。主演は、演劇版にも登場したアンドロイド、ジェミノイドF。『ナント三大陸映画祭』グランプリを受賞した『ほとりの朔子』で話題を呼んだ異色の映像作家は、なぜアンドロイド演劇を映画にしようと思ったのか? 師匠と弟子の関係でもある、平田と深田を招き、アンドロイド演劇 / 映画の可能性を訊いた。

「人間とアンドロイドの違いって何だろう?」という疑問や問いかけを作品の軸にしたかったんです。(深田)

―深田監督は、アンドロイド演劇『さようなら』を、なぜ映画化されようと思ったのでしょうか?

深田:2010年に『フェスティバル/トーキョー』という演劇祭で舞台を見て、すぐさま「映画化したい!」と思ったんです。それで翌年、オリザさんに「映画にしてもいいですか?」とお願いしたら、その場で「いいよ」と許可をもらいまして。

左から:平田オリザ、深田晃司
左から:平田オリザ、深田晃司

―あっさりと(笑)。深田監督は平田さん率いる青年団の演出部に所属してらっしゃいますもんね。

平田:僕は劇作家ですから、「戯曲を使わせてほしい」というオファーは日常茶飯事的で来ます。それには基本的に、全部OKすることにしていて、深田くんに「映画にしたい」と言われたときも同じ対応でした。

深田:なぜ『さようなら』を映画化したかったのかというと、演劇における「死のにおい」に惹きつけられたからなんです。

―『さようなら』では、一人の女性が死にゆく過程を描いていますね。

深田:人間は、概念としての「死」を認識できる数少ない存在ですが、死ぬまで自分の死を体験することができませんよね。つまり人間にとって、死は未知なるものへの恐怖なんです。古今東西の芸術家が「メメント・モリ(死を思え)」を題材にして、さまざまな作品を作ってきたのもそれが理由だと思います。映画は「いかにうまく嘘をつくか?」という表現を磨くわけですが、制作過程において実際に役者が死んでいないことは周知の事実。一方で、オリザさんの演劇では、「ひょっとしたら本当に死んでしまっているかも?」という想像力を喚起させられた。それって実はすごいことだなと。

『さようなら』 ©2015 「さようなら」製作委員会
『さようなら』 ©2015 「さようなら」製作委員会

―なるほど。

深田:その最先端にアンドロイド演劇『さようなら』があると思ったんです。死を知らないアンドロイドと、死にゆく人間の対話を通して、「死」について深く考えさせられる。その感覚を、映画のスクリーンに持ってくることはできないだろうか? というのがそもそもの出発点です。

―ロボットやドローン、人工知能には、科学・政治・芸術といったさまざまな分野から強い関心が寄せられていますが、深田監督はあくまでもご自身のテーマから出発して、アンドロイドにたどり着いたということですね。

深田:演劇版の『さようなら』は、アンドロイドと人間が生の舞台で共演するという強烈なトピックがあったと思います。でも映画の場合は、既にアニマトロニクス(SFXの一種で、コンピュータによって制御されたロボットを人工の皮膚で覆い、動物や恐竜などの生物を表現する技術)などが導入されていたりする。だから、「映画に本物のアンドロイドを使ってみたかった」わけではなく、石黒浩先生が作られた精巧な「ジェミノイドF」と人間が1つの画面に収まることで喚起される「人間とは何か?」「人間とアンドロイドの違いって何だろう?」という疑問や問いかけを作品の軸にしたかったんです。

深田晃司

―映画版『さようなら』をご覧になって、平田さんはどんな感想を持たれましたか?

平田:僕の戯曲を他の演出家が演出するときも、ネガティブな感想は言わないようにしているほうなんです(笑)。といった前提がありつつ、そもそも演劇と映画はまったく違うものだと捉えているので、「非常によく映像化してくれた」と思っています。特に、映画にしかできないことーー例えば、野外の情景をとにかく美しく捉えてくれたのが良かった。あえて苦言を呈するならば、深田くんの映画には青年団の俳優が5割以上出ているので、「深田、もうちょっと丁寧に演出してやれよ!」みたいなことは気になりましたが(笑)。

平田オリザ

―深田監督が惹かれたという「死」の描き方については、演劇版ではどのような意図があったのでしょうか?

平田:ロボットの特徴を活かした作品を作ろうと思ったときに、「死なない」ことを際立たせたというのがあります。あと僕は、舞台が終幕した後も、その後の世界を想像させるような、永遠に続いていく時間みたいなものを示したいと常々思っていて。演劇版の『さようなら』は、比較的それがうまくできた作品ではありますね。

Page 1
次へ

作品情報

『さようなら』

2015年11月21日(土)から新宿武蔵野館ほか全国で公開
監督・脚本:深田晃司
原作:平田オリザ
出演:
ブライアリー・ロング
新井浩文
ジェミノイドF
村田牧子
村上虹郎
木引優子
配給:ファントム・フィルム

プロフィール

平田オリザ(ひらた おりざ)

1962年東京生まれ。劇作家、演出家、劇団「青年団」主宰。こまばアゴラ劇場芸術総監督・城崎国際アートセンター芸術監督。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。1998年『月の岬』で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞、最優秀作品賞受賞。2002年『上野動物園再々々襲撃』(脚本・構成・演出)で第9回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。2002年『芸術立国論』で、AICT評論家賞受賞。2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。

深田晃司(ふかだ こうじ)

1980年生まれ。大学在学中に映画美学校フィクション・コース第3期に入学。2001年初めての自主制作映画『椅子』を監督、2004年アップリンクファクトリーにて公開される。その後2本の自主制作を経て、2006年『ざくろ屋敷』、2008年長編『東京人間喜劇』を発表。同作はローマ国際映画祭、パリシネマ国際映画祭に選出、シネドライヴ2010大賞受賞。2010年『歓待』で東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞受賞。2013年『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭グランプリを受賞。同年三重県いなべ市にて地域発信映画『いなべ』を監督した。2005年より現代口語演劇を掲げる劇団青年団の演出部に所属しながら、映画制作を継続している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで