ニュース

女子クリエイターの祭典『シブカル祭。2015』第1弾発表で36組

カルチャーイベント『シブカル祭。2015~女子が集えば世界が変わる!?~』が、10月16日から東京・渋谷のパルコミュージアム、渋谷CLUB QUATTRO、渋谷PARCO館内外各所で開催。第1弾参加クリエイターが発表された。

2011年からスタートした『シブカル祭。』は、アート、音楽、ファッション、映画など様々なジャンルで活動する女性クリエイターの作品が集結する複合イベント。昨年は200組を超えるクリエイターが参加し、渋谷PARCO館内外の40か所を使って展示やイベントが繰り広げられた。5回目を迎える今回は、「~女子が集えば世界が変わる!?~」をテーマに据えて開催される。

第1弾参加クリエイターとして発表されたのは、田部井美奈、幸洋子、NORIKONAKAZATO、惑星ハルボリズム、大橋佳奈、加藤綾佳、水野しず、愛☆まどんな、飯田えりか、東佳苗(縷縷夢兎)、YUK(ゆっく)、畠田奏子、いすたえこ、ボブa.k.aえんちゃん、クラーク志織、Ly、最果タヒ、宍戸未林、惣田紗希、大島智子、ミヤタチカ、六本木百合香、伊波英里、苅田梨都子(梨凛花~rinrinka~)、齋藤はぢめ、最後の手段、ぬQ、TETEPUT、くいしんぼうシスターズ、とんだ林蘭、HAMADARAKA、南阿沙美、須藤絢乃、大門光、安原杏子a.k.a.青椒肉絲、otomejournalの36組。今後も参加クリエイターの追加発表を予定している。

あわせて会期中に行われるイベントも発表。パルコミュージアムでは、10月16日からアート業界の関係者らが推薦するアーティストたちの作品を展示する『女子の夢と魔法が詰まった TOKYOシブカルランド。』を開催。さらに、東佳苗、加藤綾佳、飯田えりかの3人を監督に迎え、「渋谷×女子」をテーマにした『シブカル祭。』初のオリジナル短編映画が制作されることも明らかになった。そのほかのイベントについてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

なお、ぬQによる『シブカル祭。2015』の告知映像が公開中。また、今年のメインビジュアルは鈴木シゲルと鈴木メグによるユニット「THE ME」が手掛けている。

イベント情報

『シブカル祭。2015~女子が集えば世界が変わる!?~』

2015年10月16日(金)~10月25日(日)
会場:東京都 渋谷 パルコミュージアム、渋谷CLUB QUATTRO、渋谷PARCO館内外各所
参加アーティスト:
田部井美奈
幸洋子
NORIKONAKAZATO
惑星ハルボリズム
大橋佳奈
加藤綾佳
水野しず
愛☆まどんな
飯田えりか
東佳苗(縷縷夢兎)
YUK(ゆっく)
畠田奏子
いすたえこ
ボブa.k.aえんちゃん
クラーク志織
Ly
最果タヒ
宍戸未林
惣田紗希
大島智子
ミヤタチカ
六本木百合香
伊波英里
苅田梨都子(梨凛花~rinrinka~)
齋藤はぢめ
最後の手段
ぬQ
TETEPUT
くいしんぼうシスターズ
とんだ林蘭
HAMADARAKA
南阿沙美
須藤絢乃
大門光
安原杏子a.k.a.青椒肉絲
otomejournal

『シブカル祭。2015~女子が集えば世界が変わる!?~』メインビジュアル
『シブカル祭。2015~女子が集えば世界が変わる!?~』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開