花代、大橋裕之ら8作家参加、「気持ちの良い夢」がテーマのグループ展

展覧会『Dream into Dream』が、8月8日から大阪・四ツ橋のPulpで開催される。

同展は、「気持ちの良い夢の中で見る、気持ちの良い夢」をテーマに掲げるグループ展。参加作家には、点描画など鉛筆を使ったモノクロの作品を中心に発表しているいでたつひろ、イラストレーターの牛尾友美、グラフィック、写真、映像など幅広く手掛ける河野未彩、画家の権田直博が名を連ねているほか、漫画家の大橋裕之と奥田亜紀子、写真家の花代とコラージュアーティストの河村康輔が、それぞれコラボレーション作品を発表する。

イベント情報

『Dream into Dream』

2015年8月8日(土)~8月18日(火)
会場:大阪府 四ツ橋 Pulp
時間:13:00~20:00
参加作家:
いでたつひろ
牛尾友美
大橋裕之×奥田亜紀子
河野未彩
権田直博
花代×河村康輔
休廊日:8月13日
料金:無料

いでたつひろ
マグカップ「KISSマグ」

価格:1,944円(税込)
boy&girl両A面で楽しめるマグカップ

CINRA STOREで購入する

大橋裕之
Tシャツ「シティライツ」(杢グレー)

価格:3,240円(税込)
最先端を行き過ぎたショートストーリー『シティライツ』Tシャツ

CINRA STOREで購入する

  • HOME
  • Art/Design
  • 花代、大橋裕之ら8作家参加、「気持ちの良い夢」がテーマのグループ展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて