ニュース

林正樹の新作は「作曲」がテーマの『Pendulum』、トレイラーも公開

林正樹のニューアルバム『Pendulum』が9月2日にリリースされる。

1978年に東京で生まれ、生音によるアンサンブルをコンセプトにした音楽ユニット「間を奏でる」をはじめ、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、Salle Gaveau、BLUE NOTE TOKYO ALL-STAR JAZZ ORCHESTRAなどで活動している林正樹。演奏家としては、長谷川きよし、小野リサ、椎名林檎、古澤巌、小松亮太、中西俊博、伊藤君子らと共演している。

林が「作曲」をテーマに取り組んだという『Pendulum』には、徳澤青弦(Vc)、藤本一馬(Gt)、Fumitake Tamura(Electronics)、アントニオ・ロウレイロ(Vib,Vo)、ジョアナ・ケイロス(Cl)らをゲストミュージシャンに迎えた全12曲を収録。アートワークには、フランスの写真家マルセル・ボヴィスの作品が使用されている。トレイラー映像も公開中だ。

なお、林は9月23日に東京・表参道のスパイラルホールで開催されるライブイベント『Special Showcase Live 2015「touch to silence」』に出演する。

リリース情報

林正樹
『Pendulum』(CD)

2015年9月2日(水)発売
価格:3,100円(税込)
SPIRAL RECORDS / XQAW-1108

1. Flying Leaves
2. Bluegray Road
3. Initiate
4. Kobold
5. Teal
6. Shadowgraph
7. Paisiello St.
8. Ripple
9. Thirteenth Night
10. Butt
11. Jasper
12. Pendulum

イベント情報

SPIRAL RECORDS presents
『Special Showcase Live 2015「touch to silence」』

2015年9月23日(水・祝)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
出演:
丈青(Pf)with 秋田ゴールドマン(Ba)、Fuyu(Dr)
林正樹(Pf)with Fumitake Tamura a.k.a Bun(Electronics)、Antonio Loureiro(Vib,Vo)
藤本一馬(Gt)with 林正樹(Pf)、橋爪亮督(Sax)
Lounge DJ:
柳樂光隆
山本勇樹
出店:
TOKYO FAMILY RESTAURANT
HMV
料金:前売4,800円

林正樹『Pendulum』ジャケット
林正樹『Pendulum』ジャケット
林正樹
林正樹
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)