京都の舞台芸術祭『KYOTO EXPERIMENT』参加アーティストが明らかに

2016年3月5日から京都の複数会場で開催される国際舞台芸術祭『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING』の公式プログラム参加アーティストが発表された。

今回発表された参加アーティストは、researchlight、ダヴィデ・ヴォンパク、地点、マーク・テ、松本雄吉×林慎一郎、大駱駝艦、チェルフィッチュ、トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー、マヌエラ・インファンテ&テアトロ・デ・チレ、足立智美×contact Gonzo、ボリス・シャルマッツ&ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス。プログラムとチケットの詳細は今年の11月に発表される予定だ。

6回目を迎える同イベントは、ロームシアター京都をメイン会場に、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール アルティ、京都国立近代美術館ほかで開催される。公式プログラムに加え、トーク、シンポジウム、外部の専門家がアーティストを選出するセレクション公演などの関連イベントも実施。なお、オフィシャルサイトでは公募となるフリンジ企画「オープンエントリー作品」の作品を9月15日まで募集している。


イベント情報

『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING』

2016年3月5日(土)~3月27日(日)
会場:京都府 以下同
ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール アルティ、京都国立近代美術館ほか
公式プログラム参加アーティスト:
researchlight
ダヴィデ・ヴォンパク
地点
マーク・テ
松本雄吉×林慎一郎
大駱駝艦
チェルフィッチュ
トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー
マヌエラ・インファンテ&テアトロ・デ・チレ
足立智美×contact Gonzo
ボリス・シャルマッツ&ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス

  • HOME
  • Stage
  • 京都の舞台芸術祭『KYOTO EXPERIMENT』参加アーティストが明らかに

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて