ニュース

『耳をすませば』近藤喜文監督の原画や絵コンテ約500点を紹介する展覧会

アニメーター・近藤喜文の仕事を紹介する展覧会『この男がジブリを支えた。近藤喜文展』が、9月27日まで香川県立ミュージアムで開催されている。

高畑勲や宮崎駿からも厚く信頼を寄せられていたという近藤は、1950年に新潟で生まれ、『ルパン三世』『未来少年コナン』『赤毛のアン』といったテレビアニメの製作に携わった後、1987年にスタジオジブリに入社。その後も『魔女の宅急便』『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』といった作品に参加し、1995年には初監督作品となる長編映画『耳をすませば』を発表したが、1998年に解離性大動脈瘤により47歳で逝去した。

スタジオジブリの全面的な協力のもとで行われる同展では、『ルパン三世』『未来少年コナン』といった初期作品をはじめ、実現しなかった作品のラフスケッチや、日米合作映画『リトル・ニモ』のために作成したパイロットフィルムを紹介。さらに『火垂るの墓』『魔女の宅急便』のイメージボード、『耳をすませば』の絵コンテ、近藤の画文集『ふとふり返ると』に収録された作品群、『紅の豚』『もののけ姫』の原画など約500点を展示している。

イベント情報

『この男がジブリを支えた。近藤喜文展』

2015年8月4日(火)~9月27日(日)
会場:香川県 香川県立ミュージアム
時間:8月は10:00~19:00 9月は10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(9月21日は開館)
料金:一般1,100円 大学・専門学校生1,000円 小・中・高生800円

『耳をすませば』背景がおよびセル画 1995年 ©1995 柊あおい/集英社・二馬力・GNH
『耳をすませば』背景がおよびセル画 1995年 ©1995 柊あおい/集英社・二馬力・GNH
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業