Candy Stripperの20周年展に神田恵介、夢眠ねむ、GLAYのTERUら

展覧会『Candy Stripper 20th Anniversary Exhibition “CANDY CANDY CANDY”』が、8月29日から東京・渋谷のパルコミュージアムで開催される。

Candy Stripperは、デザイナーの板橋よしえが服飾系専門学校在学中に立ち上げたアパレルブランド。「NO RULE, NO GENRE, NO AGE」をコンセプトに掲げ、自由な発想でファッションを楽しむ女性をイメージしたアイテムを世に送り出している。また、板橋は大貫亜美(PUFFY)との不定期ユニット「Rompus」でも活動しており、PUFFYの結成20周年を記念したTシャツや甚平などを8月4日に発表した。

『Candy Stripper 20th Anniversary Exhibition “CANDY CANDY CANDY”』は、Candy Stripperの誕生20周年を記念する展覧会。同ブランドと縁の深いアーティストたちによる20周年を記念したアート作品やコラボレーションアイテムが展示されるほか、ミュージシャンたちがCandy Stripperをイメージして制作した楽曲を会場限定で楽しむ事が出来る。なお、展示品の一部は販売されるという。

参加アーティストには、アート作品を発表するTERU(GLAY)、河村康輔、神田恵介×浅田政志をはじめ、オリジナル楽曲を発表するミト(クラムボン)、石毛輝(the telephones)、ナカコー(iLL、LAMA、NYANTORA)×フルカワミキ(LAMA)、ふくろうず、山中さわお(the pillows)×福岡晃子(チャットモンチー)×中村優らが名を連ねている。また、MIKIO SAKABE、AlexanderLeeChang、ナカヤマシンペイ(ストレイテナー、another sunnyday)、信岡麻美、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)らとのコラボレーショングッズも販売されるほか、渋谷パルコPART1・1階のJ.S.BURGERS CAFEでは8月28日から3日間限定で同展とのコラボレーションメニューが展開される。

イベント情報

『Candy Stripper 20th Anniversary Exhibition “CANDY CANDY CANDY”』

2015年8月29日(土)~9月7日(月)
会場:東京都 渋谷 パルコミュージアム
時間:10:00~21:00(入場は閉場の30分前、最終日は18:00閉場)
参加アーティスト:
kawala
Kim songhe
KUNIKA
HELMETUNDERGROUND & RIKO
Jenny Fax
TERU(GLAY)
THUMB AND CAKES
Vida=Feliz マエダサチコ
河村康輔
神田恵介×浅田政志
橘房図
てん.
相澤樹
遠藤リカ
ミト(クラムボン)
UCARY & THE VALENTINE
石毛輝(the telephones)
ナカコー(iLL、LAMA、Nyantora)×フルカワミキ(LAMA)
ふくろうず
山中さわお(the pillows)×福岡晃子(チャットモンチー)×中村優
ahcahcum
AlexanderLeeChang
ancco
Cyderhouse
MIKIO SAKABE
PHINGERIN
pienilusikka
Rompus
utatane candle
ナカヤマシンペイ(ストレイテナー、another sunnyday)
信岡麻美
夢眠ねむ(でんぱ組.inc)
ほか
料金:一般500円 学生400円
※小学生以下無料

  • HOME
  • Life&Society
  • Candy Stripperの20周年展に神田恵介、夢眠ねむ、GLAYのTERUら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて