ニュース

『TIFF』フィリピン特集、カンヌ受賞メンドーサ監督作を一挙上映

フィリピン映画の特集上映『CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン』が、10月22日から東京・六本木ヒルズで開催される。

同イベントは、昨年に『東京国際映画祭』の新部門として設立された「CROSSCUT ASIA」の第2弾。CROSSCUT ASIAは国際交流基金アジアセンターと『東京国際映画祭』によるコラボレーション企画で、様々な切り口でアジア映画を特集上映している。

『CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン』では、2009年に『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』で『カンヌ国際映画祭』監督賞を受賞したブリランテ・メンドーサ監督を特集。2013年にフィリピンを襲った巨大台風の被災地を描く最新作『罠(わな)~被災地に生きる』をはじめ、5本の監督作が上映される。

さらに今年の『ベルリン国際映画祭』カリガリ賞を受賞したキドラット・タヒミック監督の『お里帰り』、フィリピンを代表する映画監督のひとりであるイシュマエル・ベルナールによる1982年の作品『奇跡の女』のデジタルリストア版なども上映。メンドーサ監督の作品を含め、上映作品には全10本がラインナップされている。また10月26日には、フィリピンの若手映画監督によるシンポジウムが開催。詳細は『東京国際映画祭』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

ブリランテ・メンドーサ監督のコメント

今回の東京国際映画祭で私の映画やフィリピンの映画が上映され、映画祭の一部となることを大変嬉しく思っています。皆さん、どうかご覧になってください。東京国際映画祭はフィリピン映画だけではなく、私達が普段映画館で観られないような趣向の変わった類いの映画を観ることができる最高のチャンスです。東京国際映画祭をみんなで応援しましょう。

※記事掲載時から一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『国際交流基金アジアセンターpresents「CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン」』

2015年10月22日(木)~10月31日(土)
会場:東京都 六本木ヒルズ
上映作品:
『罠(わな)~被災地に生きる』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『フォスター・チャイルド』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『サービス』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『グランドマザー』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『汝が子宮』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『お里帰り』(監督:キドラット・タヒミック)
『バロットの大地』(監督:ポール・サンタ・アナ)
『インビジブル』(監督:ローレンス・ファハルド)
『キッド・クラフ~少年パッキャオ』(監督:ポール・ソリアーノ)
『奇跡の女(デジタル・リストア版)』(監督:イシュマエル・ベルナール)

『罠(わな)~被災地に生きる』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『罠(わな)~被災地に生きる』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『汝が子宮』(監督:ブリランテ・メンドーサ) ©CENTER STAGE PRODUCTIONS CO.
『汝が子宮』(監督:ブリランテ・メンドーサ) ©CENTER STAGE PRODUCTIONS CO.
『サービス』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『サービス』(監督:ブリランテ・メンドーサ)
『お里帰り』(監督:キドラット・タヒミック) ©TEN17P & ABS-CBN Film Productions Inc.
『お里帰り』(監督:キドラット・タヒミック) ©TEN17P & ABS-CBN Film Productions Inc.
『奇跡の女(デジタル・リストア版)』(監督:イシュマエル・ベルナール)
『奇跡の女(デジタル・リストア版)』(監督:イシュマエル・ベルナール)
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」