ニュース

都築響一が仕事の裏側を明かす著書『圏外編集者』、装画は大竹伸朗

都築響一の著書『圏外編集者』が、12月5日に刊行される。

1956年に東京で生まれた都築は、1976年から1986年まで『POPEYE』『BRUTUS』で現代美術や建築、デザインなどの記事を担当し、1989年からは全102巻におよぶ現代美術全集『アートランダム』の企画・編集を担当。初の著作『TOKYO STYLE』を1992年に刊行したほか、1997年には写真集『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』で『木村伊兵衛写真賞』を受賞した。

『圏外編集者』は、これまでに「珍スポット」「独居老人」「地方発ヒップホップ」「路傍の現代詩」「カラオケスナック」といった「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続けてきた都築が、自身の仕事を振り返った書籍。どのようにして題材を選んで企画を立ち上げたか、本を作ってきたかなどを明かしている。装画には大竹伸朗の作品が使用されている。

都築は同書の「はじめに」で「この本に具体的な『編集術』とかを期待されたら、それはハズレである」「編集に『術』なんてない」と綴っている。なお同書の刊行を記念するイベントが各地で開催される予定だ。

書籍情報

『圏外編集者』

2015年12月5日(土)発売
著者:都築響一
価格:1,782円(税込)
発行:朝日出版社

amazonで購入する

都築響一『圏外編集者』表紙
都築響一『圏外編集者』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会