グラフィックデザインとデジタルメディアの「過去と未来」に迫る企画展

企画展『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』が、1月29日から東京・六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催される。

同展は、グラフィックデザインとコンピューターの関係について再考することを目的とした企画展。日本におけるグラフィックデザインとデジタルメディアの変革の歴史を、1970年代以前の「プレデジタルメディアの時代」、80年代の「CGの時代」、90年代の「マルチメディアの時代」、2000年代の「ウェブ広告の時代」に分類し、各年代の代表作品をパネルやモニター、実物で展示する。さらに人工知能の爆発的な発達が予測される2045年代以降を「シンギュラリティの時代」と捉え、コンピューターと人間の将来を見据えた作品や研究も紹介される。

出品作家は、荒木経惟、エキソニモ、金子國義、川村真司(PARTY)、グレッグ・ベア、田中一光、田中良治(Semitransparent Design)、勅使河原一雅、中村勇吾(tha ltd.)、西村佳哲、原田大三郎、東泉一郎(Higraph)、藤幡正樹、藤本由紀夫、暦本純一ら30組超が名を連ねている。また、幸村真佐男、田中良治、東泉一郎、藤幡正樹、暦本純一のインタビュー映像も上映される。

会期中には、デジタルメディアとグラフィックデザインの関係について振り返りながらシンギュラリティの時代におけるデザインについて考えるシンポジウムも予定されている。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

東京ミッドタウン・デザインハブ第55回企画展
『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』

2016年1月29日(金)~2月14日(日)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:11:00~19:00

出品作家:
荒木経惟
出原栄一
imaginative inc.
エキソニモ
金子國義
川野洋
川村真司
久保田晃弘
グレッグ・ベア
幸村真佐男
ジョン前田
下村千早
庄野晴彦
田中一光
田中耕一郎
田中良治
勅使河原一雅
永原康史
中村至男
中村勇吾
西村佳哲
林智彦
原田大三郎
東泉一郎
P-House
藤幡正樹
藤本由紀夫
松本弦人
矢島文夫
RADICAL TV
るじるし
暦本純一
脇田玲
ほか
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • グラフィックデザインとデジタルメディアの「過去と未来」に迫る企画展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて