ニュース

国芳と一門による浮世絵約230点を一挙紹介する『国芳イズム』

『国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション』が、2月19日から東京・中村橋の練馬区立美術館で開催される。

同展では、洋画家・悳俊彦が収集した幕末・明治期の浮世絵のコレクションを展示。反骨精神や洒脱な感性、奇抜な発想で浮世絵を描いた歌川国芳の代表作と稀少作をはじめ、月岡芳年、河鍋暁斎ら国芳一門の作品、また尾形月耕、山本昇雲、小林永濯らの初公開作品を含む約230点が展示される。さらに四季折々の武蔵野の自然を描いてきた悳自身による油彩画も紹介する。

会期中は記念講演会をはじめ、林家正雀による落語会、『機動戦士ガンダム』のギレン・ザビ役、『北斗の拳』のサウザー役などで知られる声優・銀河万丈による、藤沢周平の小説『踊る手』の読み語りなどが行なわれる。各イベントの詳細は、練馬区立美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション』

2016年2月19日(金)~4月10日(日)
会場:東京都 中村橋 練馬区立美術館

時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(3月21日は開館)、3月22日
料金:一般800円 高大学生および65歳から74歳600円
※中学生以下および75歳以上無料(要年齢等確認証)

『国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション』メインビジュアル
『国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション』メインビジュアル
歌川国芳『流行猫の曲手まり』天保12年頃(1841)
歌川国芳『流行猫の曲手まり』天保12年頃(1841)
歌川国芳『相馬の古内裏』弘化年間(1844~48)
歌川国芳『相馬の古内裏』弘化年間(1844~48)
歌川国芳『誠忠義士伝  間瀬宙太夫正明』弘化4年(1847)
歌川国芳『誠忠義士伝 間瀬宙太夫正明』弘化4年(1847)
河鍋暁斎『元禄大和錦  岡嶋八十右門常樹  倉橋伝助武幸』明治19年(1885)
河鍋暁斎『元禄大和錦 岡嶋八十右門常樹 倉橋伝助武幸』明治19年(1885)
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年